2018/05/24

星キソクラス(土日クラス)、クラスメイト募集中

こんにちは。

5月から新しい基礎クラスがスタートしました。

土日で学びたいという方向けの、土日クラスです。
まだお席がございますのと、まだ始まったばかりのクラスですので、
ご参加希望の方を若干名様募集いたします。

占星術はじめてさん向けの、基礎クラス。
ホロスコープには、自分のことが描かれています。
ご自分と出会い、自分の星を生き生きと使いましょう。
ゆっくりとご一緒に学びませんか?

*全12回(月1回、土日のいずれか)
*1回 3時間
*2回目が、6月24日13:00~となりますので、それまでに1回目をご受講ください。
*3回目以降の日程は、参加者の方々とご相談しながら決めていきます。
*受講料は、グループレッスンの場合は6000円(1回)となります。

再受講の方も、どうぞ(*^-^*)

お問い合わせは、
hacchii☆nifty.com(☆を@に変えて下さい)まで。

ご参加、お待ちしております。



スポンサーサイト
2018/05/24

ザビエ氏ワークショップレポート①

少しずつ、ザビエ氏のワークショップで私が受け取ったことをレポートしていきたいと思います。

一気に書くのは大変ー、なので、
少しずつ少しずつです。
気長に、お付き合いいただけますと嬉しいです。

今日は、占星術を学び、人と向き合うときの姿勢について。
ザビエ氏は、humbleという単語を使って、説明してくれました。

謙虚である、というような意味の単語なのですが、

「占星術を学ぶことで、チャートに向き合う時、人と向き合う時、
謙虚さ(humble)ということを学ぶのだ。
他者をリスペクト(尊重)する姿勢を学ぶのだ。」

ワークショップの冒頭に、伝えてくれたメッセージです。

ああ、と思い
ノートの一番初めに、赤ペンで大きくhumbleと書きました。

なんのために占星術を学ぶのか。
どのように人と向き合うのか。チャートと向き合うのか。


自分への謙虚さ。
他者への謙虚さ。

お互いのリスペクト。


小さなエゴがむくむくと出てくることもありますが、
その小さなエゴをも優しく見守っていられるように、
自分と他者への謙虚さ、尊重、愛を
いつも忘れないようにしたいと思います。





2018/05/18

ザビエ・ベトコートの占星術WSに参加

こんにちは。naomiです。

5月15、16日の2日間、
メキシコ人の心理占星術家、ザビエ・ベトコート氏による
シンボル探究ワークショップに参加してきました。

ちょうど、牡牛座新月、そして、天王星の牡牛座入宮のタイミングに、
まるで星の計らいのようなベストなタイミングで参加したワークショップ。

関係性にまつわる探究と、
仕事や才能と創造性についての探究を
たっぷりと堪能してきました。

占いではない「占星術」をずっと探究してきましたが、
自分自身を知り、自分になっていくための占星術、
自分を生きるための占星術を
これからも学び、そして、お伝えしていきたいと思いました。

受け取ったことは、また、おいおいこちらでも、
そして、星クラスの中でもシェアしていきたいと思います。

個人セッションにも、活かしていきますね。


さて、このタイミングでワークショップに参加し、新月と、天王星の移動というイベントを体験したわけですが、
体感として、ほんとうに、
「あ、ひとつ、終わったな。」という感覚があります。
そして、「あ、なんかはじまった。」という感覚もあります。

そして、天王星が牡羊座に入った2011年3月以来、
自分が何をしてきたのか、何をテーマに探究してきたのか、
そのために私の無意識が引き起こし、体験してきたことが
ここ数日で、だんだんとエッセンスとして受け取れるようになってきました。

まだまだ受け取っていくものがあると思います。

お一人お一人、違うテーマを持って、
何かを体験されてきたと思います。

是非、この時期にご自身に、7年前から何を体験し、何をしてきたのかを、
ご自身のハートに問いかけていただきたいと思います。

あれ、なにか節目っぽいなあ・・・、という方は
どうぞ個人セッションにいらしてくださいね。




*5月、6月個人セッション受付中です。

*駒井明子さんのビジョナリーアートに、八田直美が詩をつけたAstrology book。
 12星座と10天体をアートと詩で感じる本です!
 好評発売中(*^-^*)

*星クラスを学びたいご希望の方は、リクエストくださいね。






2018/05/06

「そういう星の元!」

こんにちは。naomiです。

小さいとき、両親からどんなことを言われていたっけ?
と、ここのところ思い出しています。

そのなかのひとつは、

「そういう星の元に生まれたんだねえ。」


なにかにつけて、母は、このセリフを使いました。

たとえば、

私の思い通りにいかないとき
なにか辛かったり大変なとき
他の人との違いを気にするとき
自分ばっかりなんで?という時


「あんたは、そういう星の元に生まれたんだね。」

この一言で、おわり! です。

ばっさり。

いかにも、太陽射手座、月獅子座の母。
水星も射手座です。ばっさり。あっさり。

「そうか、大変だったね。つらかったね。えらかったね。」

なんていうような、慰めや共感は一切なし。

「じゃあ、こうしたらどお?」
なんていうアドバイスも一切なし。

「そういう星のもとに生まれたんだね。」以上。
あとは、自主性にお任せ。


子供心に、
納得いかないこともありましたが、
一方で、どこか納得しているところもありました。

だって、しょうがないじゃない。そうなんだもん。
そういう星の元に生まれ落ちた自分自身。
現実をまずは受け入れて、そこからどうするか。
そして、行動し始める。
知らず知らずのうちに、そんな習慣が身につきました。
「だからこそ、自分で決めて行動しなくちゃね。」と。
ですから、
親から「ああしろ、こうしろ」と、細かいことをうるさく言われたことってあんまりないのです。


大人になって、星を学ぶようになり、星を読むようになるなんて
まさかね。まさかですよね。

そして、今って、誰でも簡単に
自分のホロスコープを自分で目にすることも、作成することも
普通にできてしまう時代です。

まさに、「そういう星の元」を、日常で目にできる時代。

自分で自分の星を読むようになり、
自分なりに「星の元に生まれる」ってどういうことなんだろうかと
考えてきました。


星の元に生まれるって、
「自分に与えられたものを大切にする」ということなんだと
最近は思っています。

それからもうひとつ。
「起こるべくして起こることから、見えてくるものを見続ける」ということなんだと
思っています。

精一杯、自分の意志で日々を生きること。
そして、
それをもっと超えたところにある「なにか 大きな意志や流れ」。
その大きなところから見えてくるものを、見続けようと思います。

2018/05/03

5月 コンサル受付スケジュール

こんにちは。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

5月のセッションご予約可能なスケジュールをお知らせさせていただきます。
以下のお日にちでの営業時間内にてお受けさせていただきます。
事前にご予約をいただければと存じます。

占星術プライベートレッスンのご予約もこちらのスケジュールを参考になさってください。
どうぞよろしくお願いいたします。


5月

5日(土)  10:30~20:00

7日(月)  10:30~20:00

9日(水)  10:30~16:00

11日(金)  10:30~20:00

13日(日)  10:30~20:00


14日~20日までは研修等でお休みです。


21日(月)  17:00~20:00

23日(水)  10:30~20:00

25日(金)  10:30~20:00

27日(日)  15:00~20:00

30日(水)  17:00~20:00





★セッションスペースは、京王線千歳烏山よりバスで7分、下車すぐのスペースです。
 (ご予約をいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

★6月のご予約受付中です。