FC2ブログ
2018/10/04

10月コンサルスケジュールのお知らせ

こんにちは。

10月に入りました。
今月は、6日から蠍座で金星が逆行に入ります。
愛と再び繋がり、愛と共にあるために、
蠍座の深みへと入っていく10月です。
金星が順行に戻るのは11月16日(♎25度)です。
木星の蠍座運行も、11月8日で射手座へと動いていきますから、
ぐっと深まりを感じていくのは、この10月から11月初旬まで、
木星と金星のサポーとがありますね。
蠍座は、奥の方へと潜っていきます。
そして、表面に現れていないものに接触していきます。
あなたの奥の方にある善なるもの、そして、美しきものへと
触れていきましょう。

さて、10月の個人コンサルスケジュールのご案内をさせていただきます。

メニューはこちらから→

お申込み方法はこちらから→

以下の日程と時間帯の中で、ご希望の日時をお知らせくださいませ。

10月
17日(水) 10:30~20:00

19日(金) 10:30~20:00

21日(日) 10:30~12:00   18:00~20:00

23日(火) 10:30~16:00

24日(水) 10:30~12:00   18:00~20:00

26日(金) 10:30~20:00

28日(日) 10:30~20:00



場所は、東京都内、京王線千歳烏山よりバスで7分。
お申込み完了時にアクセス詳細をお知らせいたします。

*11月以降のご予約もお受けしております。お問い合わせくださいませ。




どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

スポンサーサイト
2018/10/04

新潟へ行ってきました

こんにちは。naomiです。

9月29,30日は、新潟市小針にあるBlue moon Cafe様で
2日間のワークショップを開催させていただきました。

ご参加くださった皆様方、主催してくださったBlue moon Cafe様、
どうもありがとうございました。

29日は、天王星が見せてくれる時代の流れと、個人への影響を確認しながら、
これまでの大きな変化と目覚めの流れを星で確認し、
アートワークで落とし込み、
アロマクラフトで、これからのサポートグッズを作りました。

2011年から天王星が見せてくれたこと。
個人へのこの7年にもわたる変化と目覚めのプロセスは、
思っていた以上に大きくて、エキサイティング。
牡羊座から牡牛座へと移動するタイミングで、皆様とこのワークができたこと。
感謝でいっぱいです。

小さな違和感に気づくこと
素直になること
間違いから学ぶ、進むこと

天王星は、衝動的な変化のエネルギーです。
そこにフォーカスすると、
これまでと同じではいられない、
チャレンジと向き合うことにもなりますね。
受け取り、さらに進化していく道は、
実に楽しい。

30日は、四大元素と心理機能についてお伝えし、
さらにコラージュワークで自身の4大元素を探究しました。
それぞれに、4つの元素をどのようにとらえ、日々の中でどのように使っているのかを、
理解していきました。

正直なところ、もう少し時間があったら! と、思いましたが
ご一緒にワークさせていただき、
嬉しかったです。


新潟の皆さま、どうもありがとうございました(*^-^*)





2018/09/16

夏の終わりに

こんにちは。
今日は少し日々のことを。

昨年から、「和のもの」との繋がりが復活してきている。
その流れから、
猛暑が少しマシになってきたころに実家に帰り、
着付けの特訓をしてきた。

学生時代に、着付けのお稽古をしていたものの、
人様に着せたり、普段自分で着たり
というような、日常のなかでお着物と触れる機会は
まあ、10年にいっぺんぐらいなもので、
そのたんびに、かつて「手」で覚えたことを
もう一度「手」に思い出させるために着付けの練習をする。

今回は、
秋に、着付けをさせていただく機会に向けての練習。

こういうことは、とにかく練習あるのみで、
練習、反省、練習、反省・・・・をひたすら繰り返す。
次第に、自分の体の使い方や、立ち方、重心の使い方、姿勢や意識の持ち方が定まってきて、
自分が定まればそれだけ、綺麗に着せることができる。

と、同時に、
プラクティカルな部分で、綺麗に着せるための手の動き、押さえるべきポイントを、
ひとつずつものにしていく。あとは、ひたすら練習だ。

1日半、
着る、着せる練習をひたすらやる。

苦手なところは、何度も練習すればいい。
集中して練習することは、有意義だなあという実感がある。

没頭できる時間と環境を自分に与える。


ある程度のところまでいけたので、あとはこれをキープしようと
普段着のお着物を自宅へ送ってもらうことにした。


星を読むのも、練習あるのみ。
そこは一緒だと思う。
占星術を学ぶとき、
日々、少しずつ少しずつ継続することで理解は深まっていくのだけれど、
練習に没頭できるような環境に身を置くのも、ありだ。

いつもは、月に1回の星クラス。
これは、日常の中で星との繋がりを育てていくことと、
日常の中の出来事や自分のあり様を見続けることで、
シンボルへの理解が深まることを意図しているが、

星読みに集中する環境の中に身を置くと、
また違った深まりが出てくるんじゃなかろうか。


星合宿、みたいなイメージ。

星合宿、やれるといいなあ(*^-^*)


着付けの特訓をしながら、
そんなことを思った夏のおわり。




*9月個人コンサルテーションスケジュールはこちら→
 
*9月29、30日 新潟WS残席わずかです→

ご予約お待ちしております。
2018/09/13

9月10日乙女座新月

20180910新月図

こんにちは。naomiです。少し遅くなりましたが9月10日新月図読みです。
夏が終わり、秋分に向けての調整期間。
身体も心も調整の季節。秋に向かってまいりましょう。


9月10日 乙女座17度での新月は、2室で起こり、6室山羊座冥王星、4室蠍座木星と小三角形を作っています。乙女座水星、山羊座土星、牡牛座天王星の地のサインによるグランドトラインが印象的ですね。また、新月は、8室魚座海王星とオポジションをとり、牡牛座のMCとトラインです。さらに、12室獅子座ドラゴンヘッド、9室牡牛座天王星、6室水瓶座ドラゴンテイル、3室蠍座金星でグランドクロスができており、複合的アスペクトが多数できている新月図、ダイナミックなエネルギーが動いています。


アングルに固定宮を持つ新月図は、あれもこれもと、持ちすぎたものから手を離し、適切な距離感を持ち、今後、末永く持ち続けるであろうもの、(2室新月でもあるので、元々、自身が持ち合わせている質、スキル、持ち物)に目を向けて、それらの特性を理解し、活かしていく流れを、定着させていこうとします。新月に対する冥王星からの影響は、しのごの言わず、有るものをあるがままに発揮することを促し、かつ、地に足のついた、現実化を促進させます。
新月に対して、4室蠍座木星もセクスタイルで関わり、8室魚座海王星のオポジションもありますから、いつも思っている「私の質ってなあに?」という問いは、家系的に受け継いできたもの、引き継いできた質にも触れています。何かを得るために知らずに支払ってきた負債にも、触れるかもしれません。無意識に動いていた感情にも触れていくようです。と同時に、私たちの中に、活き活きと息づいている、先人の思いも、まるごと、今の私たち、一人一人に繋がり続けています。今一度、家族のこと、ルーツのことに触れるのも、助けとなるでしょう。


地のグランドトラインは、アイデンティティの火のハウスで形成されており、存在、そして、クリエイティブなプロセスを通じて、実質的に自分自身を知ることに迫っていきます。あるいは、自分ならではの表現を、現実に落とし込んでいきます。今、何が実質的に出来うるのか、自分という素材を使って、何ができるのか。表現しうるのか。総論から各論へとブレイクダウンさせていきます。


ノード軸を伴った固定宮のグランドクロスは、過去と未来の時間軸と、肉体と精神のバランス、意識と無意識のバランスを、調整し続けます。調整の際は、重量感と集中力が継続します。これまでキープされていたものを、解除し、新たに結び直しキープすることが行われます。新たな学びの場、コミュニケーションの場、探究の場、労働の場、奉仕の場などが関連しています。


アセンダントの獅子座は、いつでも自身の光に戻ることを、MCの牡牛座は、粛々と、生きること、生活することの力強さを思い出させます。何はなくとも、生きている喜びに、すでに全てがここにあるということを、今一度認識し、そこからひとつひとつ、再生が始まる新月です。全ては循環しています。

いつもお読みくださり、どうもありがとうございます。

2018/08/11

8月11日 獅子座部分日食


20180811蝕図

8月11日、獅子座19度にて部分日食が起こりました。
今回は、蝕を伴う新月で、次に起こる蝕(おおよそ半年)までの少し大きなテーマとなります。
また、蝕を伴う新月は、リニューアルし、新たにスタートを切るという節目のタイミングでもあります。
遊びと創造性のエネルギーが、日々の中で、あるいは、ご自身のセルフケアにおいて、あるいは、オシゴトの面において、
あなた自身をリニューアルし、新たなスタートをサポートします。

では、蝕図をみてみます。
アセン水瓶座、ルーラー天王星は2室牡牛座で、ノード軸と火星とTスクエア、さらに、山羊座土星とトラインをとります。

未来へのビジョンを実現するために、今、何をすべきか、何を手放して何を持つのか、明確になりなす。過去より携えてきた思い、希望、願いを、具体的に形にしていく情熱があります。その思いは、とても大きな願いであり、現実離れしているような気持ちにすらなるかもしれませんが、その思いがホンモノであれば、然るべきサイズに分割されて、あなたはご自身を人生の然るべきスペースへとキャスティングされます。情熱を大事に、その火を途絶えさせることなく、守りましょう。

ノード軸は、タイムラインの調整軸であり、ご縁の切り替えポイント。今回の蝕は、そこに牡牛座天王星がしっかりと影響を与え、変化と進化を促します。

手放すもの、手に持ち続けるもの、持ち替えるものが、自ずとはっきりと整理されていきます。そして、エッセンスはすでにたくさん持ち得ていることを実感できることでしょう。お一人お一人のなかに、すでに搭載されているものを、楽しく、情熱と共に使っていくこととなります。7室天秤座金星との関わりもありますから、いい具合にアシストされること、サポートされることがあります。一人で躍起になることはないです。必要な助けは軽やかに受けましょう。


新月(部分日食)は、6室獅子座、水星とコンジャンクション、9室蠍座木星とスクエアをとります。現実的になりすぎず、日々の悲喜こもごもや、日常の習慣、パターンに巻き込まれすぎないように、自分自身の日々の在りように、今一度、喜びや楽しみを招きましょう。獅子座19度は、楽しみや遊びを優先する度数です。義務感や、形骸化している習慣から少し距離を置いて、夏を楽しむ日々に切り替えて。太陽へは、11室から山羊座冥王星が150度で影響を与えていますから、単なるわがままで終わることはなく、むしろ、目的は同じであるが、喜びや楽しみをベースに、創造性を十分に発揮する在り方で、目の前にあることに取り組むことを、星々は提案しています。火のエネルギーを凝縮させ、そこにとどめ続けることができる獅子座と、強烈な目的意識をもつ山羊冥王星が共に働くとき、ブレない強さと目的意識、情熱、生み出す力、遊ぶ力が、これからの可能性を大きく広げてくれることでしょう。そして、蠍座木星の豊かで深い洞察力を得、実際に日々の中で落とし込み表現する水星。ビジョンをビジョンだけに終わらせず、伝え続けること、表現し続けることを、サポートしています。



1室魚座海王星は、蠍座木星とトラインをとり、同じく1室には牡羊座カイロンが位置しています。「私は誰か?」というその答えは、まだまだ未知数であり、かつ、答えはハートの中にしっかりとおさまっています。信頼していきましょう。

MCは射手座、ルーラー木星は9室蠍座に。地平線はまだまだ広がっています。あなたが扉を叩き続けるならば、次々に開かれていくことでしょう。そして、その思いは、深い感情を通した洞察によって、あなたの真実への道を照らし続けるのだと思います。

いつもお読みくださり、ありがとうございます。
どうぞ良い夏をお過ごしください。