2018/04/17

牡羊座新月

20180416新月図


牡羊座新月は、10室で起こり、天王星とコンジャンクション、6室山羊座冥王星とスクエアしている新月です。
変化と目覚めの天体、天王星の影響により、リニューアルが始まっていきます。これまでとは違う表現ややり方で、より、強烈に、自身の個が発動していきます。

否応ない変化が一瞬にして起こり、意図していたことがそのとおりにならず。今まで通りに動かないことがありますが、
しかし、その結果、本来の意図に沿って行くのではないでしょうか。新しい流れが始まっています。

これまでとは、配線のつなぎ方、エネルギーの出し方、表現が変化します。
無邪気に遊ぶ楽しい気持ちが、固い鎧や殻を壊していきます。
内と外が反転し、内側にあるエッセンスが外に出ていきます。

深みからくるほんとうのことを、そのままに表現していく流れが始まりました。

すとん すとんと、調整され
本来の自分に戻っていきます。


6室やぎ座冥王星、火星、土星は、
日々継続されていく、あなたの時間を表します。
限られたこの人生の時間を、何に使っていきましょうか?

そして、10室おうし座金星は、ここで生きるあなたの人生そのものへの
愛と祝福を象徴しています。

5室蠍座木星、9室魚座海王星は、人生の目に見えないビジョンを受け取り、
あなたらなではの表現。そのクリエイションの動きは、冥王星からの破壊と再生のパワーによって支えられています。
あなたにとっての、ほんものだけを、淡々と、粛々と生み出し続けることが、
ご自身の魂への愛そのものなのではないでしょうか。

9室牡羊座の水星は、逆行を終えたところ。
ふいに、あまりにも自然に受け取るあなたの意図を
どうかスルーしないで。
様々な見直し、やり直し、予定の変更などがあったその先に、
あなたの大切にしたいエッセンスが、あるのではないでしょうか。

新たな意図が始まっていく新月です。




スポンサーサイト
2018/03/31

3月31日 天秤座満月「ハーモニーを奏でることに意識を向ける」

こんにちは。
3月も末日となりました。
季節は、卒業、そして、新し旅立ちや、はじまりの頃。
寂しさと、嬉しさと。清々しさと、ワクワク感と。

春の芽吹きと共に、身体も心も少しずつ開いてきています。
冬の間にため込んだもの、ずっと持っていたものも
からだのこと、心のこと、
太陽の暖かさに誘われて、緩んで表に出てきます。
春のデトックス、汗をいっぱいかいて、いっぱい笑いましょう(*^-^*)


さて、満月です。満月図(2018.3.31 21:37 東京)を読んでみましょう。
20180331満月図


天秤座10度での満月は11ハウスで起こります。5ハウス牡羊座太陽、2ハウス山羊座土星とタイトなTスクエアを作っているため、強く、はっきりとしたエネルギーがあります。天秤座の洗練された社交性がこれからどんな人たちと良好な関係性を新たに作り出していくのか、あるいは、洗練されたパートナーシップへと進化していくのか。お互いの違いこそが豊かさであると認め合い、平和的なハーモニーが奏でられている状態は、個々の本質が素直に表現されてこそ。おひとりおひとり、本来備わっている生きる歓びと、ご自身ならではのリソース、それらを用いて、人生を自由に創り上げていく力に自覚と責任を持つということが、今回の満月におけるギフトです。

Tスクエアの頂点である2ハウス山羊座土星は、満月軸に対して、はっきりとした責任ある選択を自ら行うことを課します。土星は火星とコンジャンクションしていますから、選択された意図や願いは、実際の行動と同時に機能します。本気の願いは実行に移され、長期にわたって情熱を注ぎ続けます。ご自身に中に搭載されている内なるパワーに繋がり、本当に実現したいという願いに誠実であることが、とても大切なカギとなります。あなたの中にあるニーズに、正直になりましょう。

社会の中で、あなたが担っている役割はなんだろう? 今、私たち一人一人が、内なるリソースを見出し、社会の中でそれをどのように使っていくのかが問われます。あなたにしかできないこと。あなただからできること。あなたの在り方そのものが、そのようになっていること。あれもこれも手を広げるというよりは、「本気」を集中させることで、そこから徐々に広がっていきます。

色々な人と出会い、お互いの違いを知ることで、自分のリソースがわかるということも。そして、お互いのリソースから生み出されたものを、豊かさを分かち合います。

アセンダント蠍座にコンジャンクションしている木星は、2ハウス山羊座冥王星と60度を作り、他者との信頼関係の深まりが見てとれます。これは、自分自身との根本的な信頼にも繋がるのですが、どこまで自分自身を信頼できるか、そして他者との絆を信頼で結んでいくことができるのか。馴れ合いや、不平等、不健全な関係性は、個々人が何を選択するかによって、変容あるいは解消されていくでしょう。いずれにしても、今、その相手から何を学ぶテーマを受け取っているのかを、問題と同一化せずに、注意深く見つめましょう。適切な距離とお互いのスペースを尊重しましょう。ご自身のスペースから、今、その関係性の中で何が起こていたのかを、注意深く見てみましょう。

4ハウスには魚座海王星カイロンがあり、優しさ、慈しみ、癒しのエネルギーが私たちのべースとなる土台をヒーリングしています。あなたの安らぎの内なるスペース、あなたの心の支えとなるスペースが優しく整えられていきます。かたくなに守ってたものが明らかになり、必要の無い武装は解除されます。本当の声を聴きましょう。本当の姿を感じましょう。

また、金星は5ハウスで牡牛座に入りました。金星のオウンサインである牡牛座に在る時、金星は活き活きと本来の美と豊かさを表現し始めます。今回の満月、天秤座も支配星は金星。愛と美の象徴、金星が活き活きと、そして強調されています。自分らしい感性、自分らしい喜びを、自然界からの豊かさを、生命の美しさを、他者との洗練された関係性の中で分かち合う、愛に溢れた満月です。他者との間に愛の架け橋を作りましょう。美しいダンスをあの人と踊りましょう。それは、未来の希望へと繋がる架け橋です。





天秤座は、他者との関わりを通じて、自己と出会うサインです。
鏡のように、あなたの姿を映し出してくれる人が、今、目の前にいらっしゃるかもしれません。

その人は、あなたの中の何を見せてくれているのか、
あなたのどのような思考に気づくように促しているのか。

なんていうことを、見てみて下さいね。

そして、天秤座は、人との繋がりを楽しめる質を持ちます。
まるで、お互いにダンスを楽しむように、
お互いの間に、美しいハーモニーを創り続けることができます。

あなたの中の、パートナーシップのテーマ。

満月が、微笑んでいます。


では、過ぎ去る3月を見送り、
4月をお迎えすることにいたしましょう(*^-^*)

いつもありがとうございます。


2018/03/18

3月17日 魚座新月

3月17日 魚座26度新月

黄道12宮の最後のサイン、魚座での新月が3月17日に起こりました。
魚座は、あらゆる形あるものを無くしていき、魂の源へと還っていくサインです。
そして、大元に還り、新たな始まりへの準備のサインでもあります。

新月図では、蠍座のアセンダントに木星がコンジャンクションし、蠍座の支配星冥王星(2室やぎ座)と、4室魚座で起こる新月(太陽と月)が小三角を形成しています。
2室には、射手座最終度数の火星が5室牡羊座天王星、乙女座0度のMCでグランドトラインを創り、同じく2室にある山羊座土星は、同じく5室牡羊座の金星、水星とトラインを作り、さらに、9室獅子座ドラゴンヘッドともトラインです。

再生するためのパワーに満ちています。すでにあなたの中にある魂の設計図を思い出し、内在するパワーが呼び覚まされるような流れです。元々あったものへ、源へ。そして、例えば、家族の歴史や、家族のテーマといった基盤となるもののエナジーの再生、新たな始まりが準備されていきます。紐解かれていくことがあります。
今回、ここに生まれることによって得た力を呼び覚まします。魂の設計図はすでにあなたの中にありますから、信頼して。新たなcreationが始まっていくのだろうと思います。

これまで、「これが自分だ」と思っていたものの、さらに奥へと開かれていきます。


誰に見せるでもない、あなた自身の萌芽が、ただそこにあることを
優しく見守り続けていきましょう。

春分ももうすぐにやってきます。
芽吹きの季節へと、招かれていきます。

内から外へ。
外から内へ。

あなたのエッセンスに繊細に触れていく季節です。


2018/03/02

3月2日乙女座満月

相手との間に、壁のように感じていたものがあったとしても、
しっかりと相手と向き合い、
採算度外視であったとしても、
先が見えなかったとしても、
自分にとっての真実を、
率直に、純粋に、伝えること、シェアすること、あるいは、お互いにシェアしあえたこと。

それらが、すべて、ご自身のクリエイティビティーの源泉からの胎動に繋がっていたのではないでしょうか。
そして、あなたにとっては大切な、それでいて、ささやかな小さな真実は、
気づけば、いつしか大胆な変容を引き起こしていたのではないでしょうか。

あなたには、独自のリズムがあり、心地よい秩序がありますが、
ここらで、これまでのリズムや秩序を超えていくようです。
そして、さらに大きな繋がりの中へと、リラックスしてゆだねていくことができるでしょう。

心の引っ掛かりは、徐々に整理されていきます。

ここのところ、様々な調整が行われていたのではないかと思いますが、
深いところにまで下りて行った分、調整後の飛躍が大きいものとなります。

むずむず、わさわさっとした無意識からの衝動が
あなたに勇気を注入し、
自然と、おのずから動きが始まっていくスイッチを押しています。

「それは ただ それである」
難しいことではなく、ただただシンプルに、
本来の自分のあり様が見せてくれているものに開いていきましょう。

そうして、今、ここに、しっかりと背筋を伸ばし、立つ。
目線が変わり、見えてくるものが、気持ちが
すっと明るく、清々しい生命力が
春と共に戻ってくるおとめ座の満月です。


素敵な一日をお過ごしください♪♪♪
2018/02/17

水瓶座部分日食:2月16日

こんにちは。八田占星学研究所*naomiです。
2月16日 am6:05 水瓶座27度にて部分日食でした。

今回の部分日食の影響は、次回の蝕が起こる7月13日までの長いタームです。
おおよそ半年に一度の刷新のタイミングです。

蝕図@東京では、
アセンダントが水瓶座、
1室には、水瓶座水星・太陽・月、そして、魚座金星・海王星と、
5つもの天体が入っているのが印象的です。

水瓶座が持つ大きな世界観と、波動をキャッチする高性能のアンテナで、
世界を観る目が開いていきます。
あなた自身についても、
これまでと違う部分が見えてきます。開いてきます。

ご自身の枠がはずれていきます。
内側から開いていってしまいます。
そのことによって、
これまでの枠に捕らわれない、自由な発想で
あなたの道をクリエイトしていくことが始まるようです。

10室には射手座の火星があり、アセンダントと60度を、
1室魚座海王星とは90度をとっています。
MCも射手座ですし、ルーラーの木星は9室蠍座で、
12室やぎ座冥王星からのサポートも受けています。

無意識からの変容のパワーと、
顕在意識で受け取っている今のご自身の感覚の両方が、
この半年あまりの間にあなたが進もうとしている場所へと
深く、力強いビジョンとなって心の奥底に宿ってくることでしょう。
蠍座の木星と山羊座の冥王星は、どちらも変容のパワーと関連があり、
この二つの天体が共に働きかけてくることによって、
深みからのあなた自身への根本的な変容が起こっています。
目指す道そのものが、変わってしまうこともあるかもしれませんし、
表現したいことが根本から変わってしまうかもしれません。

それでも、射手座のMCも、射手座の火星も
鼻唄を歌いながら
何物にもとらわれない自由な魂の道を進んでいくのでしょう。
あなたの魂は、いつだって自由な旅人なのです。

12室の山羊座冥王星は、無意識からの変容のパワーですが、
別の言い方をしますと、
無意識の声に耳を傾けることによって
あなた自身が再生していくプロセスを進んでいくことができます。
冥王星は2室牡羊座天王星とも90度をとっていますから、
この無意識の声は、
あなたのビジョンに変容をもたらすと同時に
あなたのお金との関係性や、価値観、あなたの内なるパワーに対しても
意識の変容をもたらしてくるでしょう。
自己価値を高めることも促してくるでしょう。

11室やぎ座土星は、確固としたネットワークや、友人との繋がりを創り上げてきます。
1室魚座金星と60度をとるこの土星は、
優しさと思いやり、慈愛に基づいた繋がりを作ろうとします。
それぞれの中にある思いやりの心を、
社会全体へと循環させていく美しい繋がりを形作っていきます。

日蝕は水瓶座で1室、自己イメージの部屋で起こりますから、
これまでのご自身へのイメージが自分の中で刷新されます。
より高い目標を掲げる方もおられるやもしれませんし、
より、広い世界へと出ていく方もおられるやもしれません。
より本質的な世界を観ていく方もおられるやもしれません。
これまでのご自身の枠を外し、
自分自身が変化していくことを許す。
あなたの志が、道しるべとなって、
新たな一歩を踏み出す自己革新の水瓶座部分日食です。


いつもありがとうございます(^^♪


12星座ごとのコメントは、しばらくお休みしようかと思っております。

ここ数年、新月・満月のエネルギーを、
少しでも多くの方に受け取っていただけるようにしたいという思いで、
12星座ごとのコメントも書かせていただいておりましたが、

今年に入りましてから、お一人お一人が持つクオリティのサポートに
より力を入れたいという思いが高まってまいりました。

ご自身が生まれた時の天体の配置を表したホロスコープは、
あなただけの星の配置です。

お一人お一人、持って生まれたものも違えば、
今の流れも、向き合われているテーマも違います。

お一人お一人のホロスコープを通じてお伝えできることを、
個人セッションの場で進めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。