FC2ブログ
2018/10/25

10月25日 牡牛座満月

こんにちは。

10月25日 am1:44 牡牛座1度(サビアン2度)での満月が起こります。

満月図(@東京)では、印象的な配置の満月です。
8室終わりに位置する牡牛座満月は天王星とコンジャンクションしており、
この満月は、蠍座太陽・金星とオポジションをとり、
11室獅子座ドラゴンヘッドも含めてTスクエアをとっています。

3室蠍座には、太陽、金星、水星、木星と4天体が入っています。
4室やぎ座土星、5室やぎ座冥王星、6室には水瓶座火星、7室ディセンダント近辺に魚座海王星があります。


今回は、
新しいスペース、新しいグループとの出会いを通じて安全地帯から外へと出る。
自分の殻を脱いで脱皮するテーマが出ています。
一人一人の自立をベースとした、おもしろグループとの繋がりが、
新たな自分自身へとさらに探究がはじまることを促します。

3室蠍座の天体により、本当の気持ちをお互いに伝え合うことで
信頼関係が深まっていくような仲間たちとの旅が始まります。
これまでよりも、もう一歩深みを増したところでなされる対話は、
表面を覆っていた鎧も、誰かにかつて貼られてしまったレッテルも、
自分で作ってきた自己イメージさえも、軽々と引きはがし、
本質、本音、本当のことをダイレクトにシンプルに伝え合うことへの
勇気をサポートします。

アセンダントおとめ座、及び、MC双子座は、共に水星がルーラーですから、
水星色の強い満月図でもありますね。
その水星は、コミュニケーションや、学びの3ハウスにあり、
強い気持ちを持って、徹底的に没入していく蠍座です。
本気のコミュニケーションが始まり、また、
本気の学びの場が動き出します。
相手の顔色を伺うのではなく、腹を探り合うのでもなく、
自分自身の気持ちを隠してしまうのでもなく、
むしろ、腹を見せ合うような本気の関係性を育てます。
まずは自分から、今の素直で正直な気持ちを表現していきます。

出会う仲間は、
おもしろがる心、冒険心、お互いを高め合う関係。
個々が自立したおもしろ集団ですね。
好奇心と柔軟性があり、変化と成長をお互いに喜び合います。
その人がその人であることを
そのままに受け取り合うことができる関係性。

これからはじまる、コミュニケーションの練習は、
自分の本質との対話でもあります。
創造性とも連動しています。

創造性と遊び心を自由に発動させ、
なんでも面白がる心は、
他者との境界線や心の壁を優しく溶かしていきます。
そうして、共に手を取り、心を合わせていく、脱皮の満月です。

これから先、
なにがやってくるかなんて、誰にもわかりません。
海王星が見せてくれる未知への招待を
面白がっていきましょう。
あなたの捉えている世界の枠が
またひとつ広がっていきます。


いつもお読みいただき、ありがとうございます!



スポンサーサイト
2018/09/13

9月10日乙女座新月

20180910新月図

こんにちは。naomiです。少し遅くなりましたが9月10日新月図読みです。
夏が終わり、秋分に向けての調整期間。
身体も心も調整の季節。秋に向かってまいりましょう。


9月10日 乙女座17度での新月は、2室で起こり、6室山羊座冥王星、4室蠍座木星と小三角形を作っています。乙女座水星、山羊座土星、牡牛座天王星の地のサインによるグランドトラインが印象的ですね。また、新月は、8室魚座海王星とオポジションをとり、牡牛座のMCとトラインです。さらに、12室獅子座ドラゴンヘッド、9室牡牛座天王星、6室水瓶座ドラゴンテイル、3室蠍座金星でグランドクロスができており、複合的アスペクトが多数できている新月図、ダイナミックなエネルギーが動いています。


アングルに固定宮を持つ新月図は、あれもこれもと、持ちすぎたものから手を離し、適切な距離感を持ち、今後、末永く持ち続けるであろうもの、(2室新月でもあるので、元々、自身が持ち合わせている質、スキル、持ち物)に目を向けて、それらの特性を理解し、活かしていく流れを、定着させていこうとします。新月に対する冥王星からの影響は、しのごの言わず、有るものをあるがままに発揮することを促し、かつ、地に足のついた、現実化を促進させます。
新月に対して、4室蠍座木星もセクスタイルで関わり、8室魚座海王星のオポジションもありますから、いつも思っている「私の質ってなあに?」という問いは、家系的に受け継いできたもの、引き継いできた質にも触れています。何かを得るために知らずに支払ってきた負債にも、触れるかもしれません。無意識に動いていた感情にも触れていくようです。と同時に、私たちの中に、活き活きと息づいている、先人の思いも、まるごと、今の私たち、一人一人に繋がり続けています。今一度、家族のこと、ルーツのことに触れるのも、助けとなるでしょう。


地のグランドトラインは、アイデンティティの火のハウスで形成されており、存在、そして、クリエイティブなプロセスを通じて、実質的に自分自身を知ることに迫っていきます。あるいは、自分ならではの表現を、現実に落とし込んでいきます。今、何が実質的に出来うるのか、自分という素材を使って、何ができるのか。表現しうるのか。総論から各論へとブレイクダウンさせていきます。


ノード軸を伴った固定宮のグランドクロスは、過去と未来の時間軸と、肉体と精神のバランス、意識と無意識のバランスを、調整し続けます。調整の際は、重量感と集中力が継続します。これまでキープされていたものを、解除し、新たに結び直しキープすることが行われます。新たな学びの場、コミュニケーションの場、探究の場、労働の場、奉仕の場などが関連しています。


アセンダントの獅子座は、いつでも自身の光に戻ることを、MCの牡牛座は、粛々と、生きること、生活することの力強さを思い出させます。何はなくとも、生きている喜びに、すでに全てがここにあるということを、今一度認識し、そこからひとつひとつ、再生が始まる新月です。全ては循環しています。

いつもお読みくださり、どうもありがとうございます。

2018/08/11

8月11日 獅子座部分日食


20180811蝕図

8月11日、獅子座19度にて部分日食が起こりました。
今回は、蝕を伴う新月で、次に起こる蝕(おおよそ半年)までの少し大きなテーマとなります。
また、蝕を伴う新月は、リニューアルし、新たにスタートを切るという節目のタイミングでもあります。
遊びと創造性のエネルギーが、日々の中で、あるいは、ご自身のセルフケアにおいて、あるいは、オシゴトの面において、
あなた自身をリニューアルし、新たなスタートをサポートします。

では、蝕図をみてみます。
アセン水瓶座、ルーラー天王星は2室牡牛座で、ノード軸と火星とTスクエア、さらに、山羊座土星とトラインをとります。

未来へのビジョンを実現するために、今、何をすべきか、何を手放して何を持つのか、明確になりなす。過去より携えてきた思い、希望、願いを、具体的に形にしていく情熱があります。その思いは、とても大きな願いであり、現実離れしているような気持ちにすらなるかもしれませんが、その思いがホンモノであれば、然るべきサイズに分割されて、あなたはご自身を人生の然るべきスペースへとキャスティングされます。情熱を大事に、その火を途絶えさせることなく、守りましょう。

ノード軸は、タイムラインの調整軸であり、ご縁の切り替えポイント。今回の蝕は、そこに牡牛座天王星がしっかりと影響を与え、変化と進化を促します。

手放すもの、手に持ち続けるもの、持ち替えるものが、自ずとはっきりと整理されていきます。そして、エッセンスはすでにたくさん持ち得ていることを実感できることでしょう。お一人お一人のなかに、すでに搭載されているものを、楽しく、情熱と共に使っていくこととなります。7室天秤座金星との関わりもありますから、いい具合にアシストされること、サポートされることがあります。一人で躍起になることはないです。必要な助けは軽やかに受けましょう。


新月(部分日食)は、6室獅子座、水星とコンジャンクション、9室蠍座木星とスクエアをとります。現実的になりすぎず、日々の悲喜こもごもや、日常の習慣、パターンに巻き込まれすぎないように、自分自身の日々の在りように、今一度、喜びや楽しみを招きましょう。獅子座19度は、楽しみや遊びを優先する度数です。義務感や、形骸化している習慣から少し距離を置いて、夏を楽しむ日々に切り替えて。太陽へは、11室から山羊座冥王星が150度で影響を与えていますから、単なるわがままで終わることはなく、むしろ、目的は同じであるが、喜びや楽しみをベースに、創造性を十分に発揮する在り方で、目の前にあることに取り組むことを、星々は提案しています。火のエネルギーを凝縮させ、そこにとどめ続けることができる獅子座と、強烈な目的意識をもつ山羊冥王星が共に働くとき、ブレない強さと目的意識、情熱、生み出す力、遊ぶ力が、これからの可能性を大きく広げてくれることでしょう。そして、蠍座木星の豊かで深い洞察力を得、実際に日々の中で落とし込み表現する水星。ビジョンをビジョンだけに終わらせず、伝え続けること、表現し続けることを、サポートしています。



1室魚座海王星は、蠍座木星とトラインをとり、同じく1室には牡羊座カイロンが位置しています。「私は誰か?」というその答えは、まだまだ未知数であり、かつ、答えはハートの中にしっかりとおさまっています。信頼していきましょう。

MCは射手座、ルーラー木星は9室蠍座に。地平線はまだまだ広がっています。あなたが扉を叩き続けるならば、次々に開かれていくことでしょう。そして、その思いは、深い感情を通した洞察によって、あなたの真実への道を照らし続けるのだと思います。

いつもお読みくださり、ありがとうございます。
どうぞ良い夏をお過ごしください。
2018/07/12

7月13日 蟹座部分日食

20180713蝕図


この度は、西日本豪雨にあわれました地域の皆様方には、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、平安が戻りますようにお祈り申し上げます。


7月13日は、蟹座20度で部分日食が起こります。
蝕が起こる前,
数日間、地と水のグランドトラインが形成されていました。

水の循環と、地の循環。

多くの水、感情が流れ、絆の繋がり、思いやりと優しさが紡がれていきました。


7月11日には、3月9日から逆行していた蠍座木星が順行へと転じ、
11月8日射手座に移動するまで、
蠍座のトランスフォームのエネルギーを広げ続けます。

蠍座は深みへと至り、執着を手放し新たな再生へのプロセスを引き起こすことで、進化する道を進みます。一筋縄にはいかない厳しさがありますが、命の尊さを知っており、命が続いていくためにあえて厳しい道をも進む力を持ちます。破壊と再生の両面を司り、生と死両面の循環を知り得ます。

ここのところ形成されていた水と地のグランドトライン。三角形が2つできていました。
水と地は、女性性との繋がりを持つエレメント。

受容し、滋養し、慈しみ、生み出します。

生きるために必要なものを行き渡らせます。受け取ります。



そして、7月13日、11:48、蟹座20度での部分日蝕です。


7月、8月と、蝕が2回来ます。
ですから、この夏は、パワフルな切り替わりのタイミングとなります。

通常、蝕は、前回の蝕から今回の蝕までの一区切りのタイミングです。

ですから、2月16日から始まった流れの区切りが、7月13日。

そして、8月の蝕を経て、2019年1月6日までのタームが始まっていきます。



さて、今回の日食図@東京です。
アセンダント天秤座に、ほぼほぼMC上にある蝕(太陽、月)、IC上にある冥王星がTスクエア。さらに、太陽月MCは、オーブを広めにとりますと、水のグランドトラインの一端を担っています。
ノード軸は4室ー10室にあり、火星と水星を伴います。

アセンダントルーラー金星は11室乙女座にあり、地のグランドトラインを担っています。

バランスをとるために、水と地、つまり、女性性のクオリティーが大きく、根底から動き始めているかのようです。
アセンダント天秤座は、光と闇といった両極のもののバランスを取ろうと、常に動き続けようとします。
それは、場合によってはこれまでの秩序を壊す行為でもあるので、一時混乱を招きます。
ルーラーの金星は、希望の部屋11室で懸命に今後あるべき姿に向かっての調整作業をしています。
これまでの秩序から、これからの秩序へ。あるべきものがあるべき場所へと、あるべき姿へと、変化していきます。

3室山羊座土星ー7室牡牛座天王星ー11室乙女座金星の地のグランドトラインですが、実質的な、本当に役に立つ有益な情報と、命を守るために必要は物資の供給、そのための組織を作り、実質的に稼働させていきます。
恐らくは、これまでの経験やこれまでの常識に囚われない、今、本当に必要なことに対応していく意識が求められます。想像ではない、現実的なニーズに応えていくための、必要な動きがなされていきます。

1-5-9室の水のグランドトラインは、一人一人が心を込めて、祈りと共に、自分に出来ることを行動に移す、もしくは相手の身になって想いを寄せることを助けます。お一人お一人が、ご自身の中の心の平和、平穏、安らぎを広げていきましょう。

5室魚座海王星は、祈りが生み出す力。一人一人の祈りの気持ちが、今回の蝕のエネルギーを後押ししています。


蝕である蟹座は、方向性を持つ感情のエネルギー。
ご自身ハートの声に従い、
流れのままに、そして、感じることを大切にします。

感じた気持ちをそのままに。
そして、その思いをどこにつなげていきたいのか。つながっていくのか
方向性を感じながら、その方向へ思いを向けていきましょう。目的の再確認。
おもいやりと、あたたかさ。

蟹座は、家族や市井の人々を司るサインです。
一人一人の気持ちに寄り添い、暖かな場を作り、気持ちを繋いでいきます。

オポジションの冥王星は、大地からの再生力、力強いパワーです。
一人一人の中にある再生力、生きる力が、今回の蝕を、根底からサポートします。
本当にたいせつなことを、思い出させます。


6室には牡羊座カイロン、土星とスクエアをとり、ノード軸にも触れています。

ご自身の本質との繋がりを、再度確かめ、
そのために必要な調整やケアをしましょう。

今、起こっている出来事や、今直面しているテーマに身を置くこと自体が、必要な調整であり、ご自身の本質との繋がりを確かめ、本質を表現することにも繋がります。
毎日、鏡を見るように、自分自身を見つめて、ケアしましょう。





<お知らせ1>
個人セッションでは、ご希望の方には、セッション時間内で、「今、必要なパーソナルサポートアロマミスト」をブレンドさせていただいております。
ご希望の方は、個人セッションをご予約の際に、「アロマミストブレンド希望」の旨、お知らせください。

<お知らせ2>
また、ご自身でパーソナルアロマミストを創りたい、という方には、星アロマミスト作成レッスンを承ります。




2018/06/28

6月28日 山羊座満月チャートより

20180628満月図


こんにちは。
6月28日、13:53、山羊座6度(サビアン7度)で満月が起こりました。
満月チャート(@東京)では、アセンダント蠍座、ノード軸と満月にアスペクトを持っています。

蠍座のルーラー冥王星は3室山羊座でノンアスペクト。
ICにはサウスノードと火星、ディセンダントには天王星、MCにはノースノード。


何かが起こっています。おそらくは、無意識が動いています。
私たちの無意識の奥にあるもの、あるいは自然界の意識が、何か大切なメッセージを送り続けています。
私たち人間だって、生物としてこの地球に住んでいる存在。
人間さまじゃないよ。ここには、たくさんの生き物たちが一緒に暮らしているんだから。
地球の意識だってあるし、なんだったら宇宙の意識だってあるよね。


無意識からのメッセージを静かに受け取る。
火星は何て言っている?
冥王星は何て言っている?


生きる力そのものが共鳴場としてそこここにあるということ。
私たちが属している世界は、全体と繋がりを持つ。


山羊座の満月は3室で起こり、土星と共にある満月。
出会った人との対話がもたらす、あなたへのギフト。
今、あなたが見なければならなかったものが、そこに見える。
普段は見えないように隠していたり、ピントが合わないようにしたり、
視界の中に入らないようにしていても、
今日の満月では、これまで見えないようにしていたことが
どこからともなく見えるようにセッティングされる。
それはギフトなのだと思うのだ。
山羊座からのギフトは、
私たちが今回、ご自身の体と心と魂を一本の軸で通して、
実際にこの世界で、リアルに、ご自身の足で立つ力を育てる。
自力の力。地力のチカラ。


一人一人が、持てる力をフルに使う。


シャドウを超えていった先に見えるのは、
シャドウも私たち自身のギフトであり、才能(タレント)であるということ。
そこに至るための勇気がサポートされる。

蠍座木星と5室の魚座海王星。蟹座の水星、MCへ。そして獅子座金星へ。
私たちの中にある思いが溢れ、創造の種が発芽する。
さざ波のように共鳴しながら、うねりとなって皆の行き先を指し示す。
一人一人、違う光を携えて来た奇跡。


私は誰?


シンプルに問う。


対話を通じて、見えてくること。
普段の仕事や役割を通じて見えてくること。


出会った人が生きざまを通じて見せてくれたこと。
リアルであることが、あなたのパターンを解放する。




今月は、夏至もありました。
太陽のエネルギーも高まっています。
そして、来月の新月は蝕になりますので、
今年2月の蝕からの流れがひとつ区切りとなって次の蝕に備えるといった
ひとつのタームが達成されたポイントにもなっています。

私の周りでは、このタイミングで、それぞれに必要な出来事が用意され、
その中で出会ったことや、体験されたことが
その方々の本質と繋がっていく大切な意味をもたらしてくれているようでした。

そして、ハーブやアロマでは、
不思議と、タイムとネロリがチョイスされることが何度か続きました。

タイムは、大変な時期を体験する中においても、
勇気をもって乗り切る底力をサポートしてくれる香りですし、

ネロリは気品を感じさせるような繊細で純粋な太陽の香りです。

純度の高い自分のエッセンスに触れる道を
勇気をもって進む

旅のお供にぴったりな香りです。





山羊座は、支配星に土星を持つサインです
牡羊座から始まって、ちょうど10番目のサイン。
10は、ひとつの完成形のシンボルです。
ご自身が完成させたいもの、状態に意識を向けてみるのにいい時期です。
また、社会や世界との繋がりの中で、私達ひとりひとりがどんな奉仕を行うのか。
どのようにあるのか。
改めて意識してみるのもいいですね。

何度でも、ここに戻ってくる。
そして、ここから再び始まる。

いつもお読みくださり、ありがとうございます♪