FC2ブログ
2015/05/21

太陽回帰*お誕生日から向こう一年のテーマをざっくりと読む

こんにちは。

今日の東京は、さわやかな青空が広がっています。
お布団を干して、シーツや布団カバーを洗って・・・!
朝からニンジンジュースをぎゅっと絞って・・・!
さわやかな一日が始まっております。
みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?


今日は、占星術のお話、太陽回帰について、少しご紹介します。

生まれた瞬間の天空図、天体の配置を2次元に落とし込んだものが、出生図。
ホロスコープチャート、とも、ネイタルチャートともいいます。

それで、ホロスコープには、10個の太陽系惑星(月を含む)が描かれておりまして、
それぞれの惑星には、象徴するアーキタイプがあります。
たとえば、「太陽」は、その人の人生のテーマであったり、
ご自身が今回表現するクオリテイーを象徴します。

生まれ持った資質ではあるけれど、
持って生まれたものに気づかないとか、
気づいていても自己否定しているとか、
そんなはずないと思ってしまうとか、
他人のものを羨んで自分のものを見ないとか、

そういう場合は、
いつまでたっても、自分らしくあることや、
自然体であることに、なにかしらの違和感を持ってしまいます。

出生図の太陽が象徴することに、向き合ってみることは、
ご自身らしくある、ということにもつながっていく道なんだと思います。

で、今は、太陽回帰のお話でしたね。
(話を戻しましょう。)

太陽回帰図、もしくは、ソーラーリターンチャート、
というものがあります。

これは、今現在、空を運行している太陽が、
ご自身の出生図の太陽の度数と
ぴったり重なる瞬間!の天空図のことをいいます。
(太陽が回帰してくる瞬間ですね)

たとえば、今日は、太陽がふたご座に入る日です。
ふたご座0度に出生の太陽をお持ちの方は、
今日とか、その前後のお日にちでお誕生日をお迎えになっているのではないでしょうか。
(おめでとうございます!)

太陽は、一年でチャート上を一周します。

太陽回帰の瞬間は、一年に一回、
おおよそ、お誕生日のお日にちもしくは、その前後のお日にちで起こります。

それで、どういうときに、太陽回帰図を読むかといいますと、

ざっくりといいますと、
お誕生日から、向こう一年間のおおよその、あなたのテーマを読むとき、
に、使います。


太陽回帰図にも、
通常のホロスコープと同じように、
アセンダントや、MCや、10個の天体や、天体同士のアスペクトがありますから、
実に毎年毎年、多彩なテーマが繰り広げられていきます。

さきほど、「ざっくりとした一年のテーマ」と申しましたが、
はて、どの程度のざっくり感なのかな、と、
私自身もずっと経過観察しておりますが、

たしかに、けっこう、
「そのとおりだなあー」という感じを今のところ受け取っています。
クライアントの方々のご様子や、その後のフィードバックをお聞きしても、
「ざっくり、というよりは、むしろ、そのとおり」というお声も少なくありません。

ですので、
単純に、

「太陽回帰、おもしろいなあ~」、

なんて思っています。

もちろん、個人セッションの中では、
太陽回帰だけではなく、トランジット図やプログレス図、そして、
ネイタル図も読んでいった上での太陽回帰図。
基本は、やはり、ネイタル(出生図)チャートなのです。

そのうえで、
今、そしてこれからの方向性を
ご自身の内的感覚とすり合わせていくときに、
おもしろい示唆を与えてくれるチャートだと思います。

ちなみに、
私の今年の太陽回帰図では、
アセンダントサソリに、土星がコンジャンクション。
太陽は10室におります。
一年間の全体の雰囲気はサソリ、そして土星の香りたっぷりです。
太陽のテーマとしては10室。キャリアやお仕事のクオリテイー、どうありたいかにフォーカス。
重厚で、濃厚なサソリを存分に味わいながら、
変容を体験していく一年となっております。
なかなか、ヘビーなことも起こっておりますが、
だからこそ、わかることもあります。

なんていっているうちに、次の太陽回帰の時期まであと数か月。
(9月生まれです)

最後の打ち上げとばかりに、今年の夏を過ごしていこうと思っています。

お誕生日のタイミングは、
ご自身のテーマの切り替わり時期です。
お誕生日コンサルでは、太陽回帰図、トランジット図、プログレス図を読みながら
あなたのテーマの確認をさせていただきます。



2015/04/17




こんにちは。naomiです。

東京は、すっかり春になりました。
部屋の窓を開けておりますと、
今年の春のフレッシュな風が舞い込みます。

うれしいなあ~。

わけもなく、うきうきします。


冬から春へ、
だんだんと、からだもゆるんできて、
ココロモゆるんできます。

ぎゅうっと握りしめていたものが
ふんわりとひらいて ひらいて

ぽろりと芽がでる。


小さな芽ですが、生命力は旺盛!
すべてがこの中にある。


牡羊座に太陽が運行しているのも、あとわずか数日。
来週月曜日にはおうし座へと移動していきます。

黄道12宮のはじまりのサイン、牡羊座は
すべてがそこに存在している種からの芽吹き。

ただ、そこに自分が在る。

I AM, just I AM.

誰が何と言おうと、
どんな状況であろうと、私はワタシだもんね。


昨日は、月に一度の星クラスでした。
ゆっくりゆっくり、ひとつずつ星のエッセンスを染み込ませていくクラスです。
去年の5月からスタートして、もうすぐ1年です。

昨日は、12サインの復習をしましょう、ということになり、
12サインをひとつずつパステルアートで描いていき、
そこから言葉へと落とし込んでいきました。

これまでのクラスで受け取っていただいたエッセンスを
色と形、アートを通じて感じていただきながら
表現していきます。

ご自身の中にすでに在る12サインの感覚、質感、温度、動き、スピード、方向性、などなど
感じて、表現して、さらに言葉へとつないでいきます。

誰の中にも、12サインのすべてがありますから、
ただ、そこにひらいていくだけです。

ご自身の中に見出すことは、外の世界でも見出せます。

内と外が呼応して、何が生まれていくのかな。

そこからはじまるプロセスがあります。


ゆっくり時間をかけて、ひらいていくのを待ってあげることも
自分への愛ですね。


星は逃げないし、自分はずっとそこに在るので
慌てなくても大丈夫。

星の学びは、ゆっくり  のんびりです。


2014/07/03

「ホロスコープって見るときが変わると、違う結果が出てくるのですか?」

こんにちは。naomiです。

よくお客様から

「ホロスコープ(出生チャート)って、一回読んでもらったらもう結果は変化しないのでしょうか?
それとも、読むときが変わると、また違う結果が出てくるのでしょうか?」

というご質問をいただきます。

そこ、気になるところですよね。
そして、機会があったら聞いてみたいことのひとつですね。

ホロスコープは、生まれた瞬間の天体の配置図です。
そこに、その人の今回もって生まれた資質の種が描かれています。

では、ホロスコープから読み取れることは
ずっと変わらないのでしょうか?
何度、リーデイングセッションを受けても、
同じ結果が出てくるのでしょうか?

いいえ。そうではありません。

これは、今まで多くの方のリーデイングセッションをさせていただいた中で
私が実際に感じたことですが、

お会いするたびに、
あるいは、
その方のご状況が変化するたびに、
あるいは、
その方の内的気づきが促進するたびに、

ホロスコープを通して見えてくることや、テーマが変化していきます。

何度かリピートしてセッションをお受けくださっている方や、
数年ぶりにお久しぶりでセッションをお受けくださる方のホロスコープを
読ませていただくときに
今までとまったく違うものがチャートから感じられることが少なくありません。

よくよくお話を伺わせていただきますと、
いろいろとご自身に変化が起こり
今までと違う質が表現されてきている、ですとか
転職されたり、ご結婚されたりといった
人生の節目を通り抜けてモードが大きく変化したですとか、
なにかしら大きな内的外的変化をご経験されていることがあります。

たしかに、使うチャートは、基本的には出生図に加え、
そのときどきの星回りや内的成長をみるための、
進行図、トランジット図なのですが、

もともと持ち合わせておられる資質
(天体や、12サイン、アスペクトの質)を、
その方が今現在どのように使っておられるのかによって、
話される内容も、起こる事象も、変化していきます。

例えば、
ご自身が持っている質に、まだ気づいておられない場合、
その質がご自身の中にあるんだよー、
そろそろその質を使うときが来ているよー、

ということに気づくために、日々の生活の中である事象が起こることもあります。

あるいは、

すでに使っている天体の質の使い方が変化するときには、
なにかしらチャレンジングな出来事がやってくる
ということもあります。
自分の可能性が広がることもありますし、
より自分にコミットすることもあります。

ですので、
極論をいってしまいますと、
私たちは生きている限り、ホロスコープはより豊かに本質的に成長します。
そして、
ご自身が持っている質をしり、
どのように自分らしく表現していくかを
確認していく時間として
個人セッションがあるのだと思います。

天体がもともと持っている質や、
天体が持つエネルギーのしくみ
というのはたしかに変化しないのだと思いますが、

そこにご自身が気づいて、
なおかつ、どのように自分らしく表現していくか
(天体を使うのか)
ということは、
まったくもって、固定したものではなく
有機的に育っていくのだと思います。

ですので、
セッションは、何度でもお受けいただけます。
受けるたびに、ご自身への理解が深まっていきますし、
自分らしく生きるサポートにつながっていくと思います。


何度も何度も、
ことあるごとに、ご自身のホロスコープを見ていただきたいと思います。






2014/06/02

最近の動き




こんにちは。naomiです。

先月、新しい星のクラスがスタートしました。
新しいご縁に、感謝です。

今年はプライベートやセミプライベートのクラスを中心に
やっていこうかと思っております。
ひとつひとつ、対話しながら進めていく星のレッスンです。

人の数だけ星読みがある
と、常日頃感じております。

学ぶ人の数だけ、星読みがある。
とも、感じております。

私の星読みもお伝えしますが、
クラスを通じて目指しているところは、
皆様ご自身の感覚で、
皆様ご自身の言葉で
星を感じて、読んでいくことを目指しています。

ご興味・ご関心・ご希望がございましたら、
新クラスを作りますのでお問い合わせくださいませ。

(4~5名までの少人数クラスも歓迎です)

よろしくお願いいたします。


それから、
先日のことですが、
2014年下半期星スケジュールを書く会、を開催。

こんなのを個々人が作ります。






もともとは、私が個人的に10年以上やっていたことなんですが、
天文暦をみながら、
天体の動き、月のサイクル、天体同士のアスペクトを
普段使っている手帳に書き込んでいきます。

で、自分仕様の星手帳を毎年年明けに作っていました。

市販の星手帳と違うところは、
より細かいデータを書き込むことと、
自分仕様にカスタマイズしているところ。

どこまで細かく書くか、は
自由に自分で設定します。

これを自分で始めた理由は

①星の動きを日常的に読む練習のため

②星の暦で暮らしたかったから

③自分にとってポイントとなる時期や日付を知り、
かつ、そのときの影響を検証するため。

つまり、
勉強と実益の両方のためです。


占星術の勉強をされていく中で、
トランジットからネイタルの影響をチェックしていくことや、
日々の星の動きを読みこなしていく&暮らしの中で活用していく
という段階がやってきます。

そのときに、おすすめの勉強方法のひとつです。


はじめから、全部わからなくても大丈夫です。
むしろ、毎日、天体の動きを手帳をくって眺めながら
だんだんわかってくることが出てくる、

ぐらいに思って、気長に楽しんでいただく方向けだと思っています。

やっていくなかで、
自然と天文暦とも仲良くしていけるようになります。

星って、
わからないとさっぱり見方がわからないですし、
向き合い方もよくわからないのですが、

ちょっとしたコツがわかりますと、
するすると、すべてがつながっていくような不思議な時があります。

「そうだったのかー。」
「なるほどー。」
「あーーーーー。」

腑に落ちる瞬間が、勉強していく中で何度もやってくる。
それは、突然にわかる瞬間、消化される瞬間なんですね。

そういう不思議な学び方。
お星を日々の中に取り入れてみる
星スケジュールの会。

また、ご希望の方がおられましたら開こうと思います。

で、先日の会の中で
参加者の皆様方との意見交換の中で思ったことは、

手帳に書き込むバージョンと、
ホロスコープ(つまり円環)に書き込むバーションと、
その両方の感覚が自分の中に育ってくると
もっと理解が進みますね

とのご意見でした。

たしかに、たしかに、おっしゃるとおりです!


黄道12宮のホロスコープが、頭の中にイメージできていると、
とっても便利になります。
天体同士の位置関係が、
イメージできていますと、なお楽しめます。

まずは、ご自身のホロスコープが、
ラフスケッチみたいに描けるぐらい
イメージできるようになってくると、
おもしろくなってきますよ。

何座のどのハウスにどの天体があって、
どれとどれがアスペクトしていて・・・・

っていうことがまずはイメージできる状態。

そうすると、
大分おもしろくなってきますよ。星。

チャートのしくみも見えてきます。

ですので、
ご自身のホロスコープを手描きで描いてみましょうよ
という練習も、
オススメさせていただいております。

実際に描いてみることで
ぐっと腹に落ちてきますから
もし、まだ描いたことないんですという方がおられましたら
お勧めです。

今日は暇で暇で、
なんにもやることないんだー!

というときに、
人生の中のほんの数時間を
ご自身の星を描いてみる時間に
あててみませんか。

なーんてね。(けっこうマジでおすすめです。)



2014/04/15

占星術のコンサルについて

こんにちは。naomiです。

今でこそ、
ナチュラルなものが好きだ、とか
シンプルライフが好きだ、とか、
言っておりますが

ここまで来るのに、かれこれ、18年ぐらいはかかっているんじゃないかと思います。

いや、そのスタート地点は社会人になってから、
と、勝手に定義しているから、なんでしょうけれど。

なんといいましょうか、

働き方、を模索し続けて、18年ぐらいなんだろう。つまり。


利益追求・顧客満足を第一に働き続けた時期
結婚してからの会社勤務
幾度もの転勤
好きなことを学びたい欲求が出てきた時期
好きなことを仕事にしたい欲求が出てきた時期
好きなことを仕事にしながらも、向こうからやってきた仕事

好きなことを仕事にしたいと思って始めたのがアロマセラピーでした。
しかしながら、
向こうからやってきた仕事が占星術。


で、かれこれ、10年。星読みです。

ですが、
星読みオンリーになることはなく、
アロマと一緒に星をやったり、
数秘と一緒に星をやったり、
色彩と一緒に星をやったり、

常に、星&なにか、というスタイル。

自分でも、おもしろいと思います。

最近は、またごそごそもぞもぞと、
じぶんでも、どんなスタイルが出てくるのか
予測不能です。

そのときそのとき、
私がピンときたものを
ご提供していきたいと思います。


今のご自身の現在位置を知りたいときに
あなたのもともと持っているエネルギーを知りたいときに
今起こっていることの意味を知りたいときに

何かの転機のときに

ご自身で道を見つけるサポートをするコンサルです。


星・色・香を通じて
あなたのためのミーテイングの時間を提供いたします。