こんにちは。
八田占星学研究所*八田直美です。

みなさんは、宇宙、お好きですか?

昨日は、宇宙と天文、地球のお話を
サイエンスの視点からわかりやすく伝えてくださる
北住先生の講座でした。

文系の私たちに向かって、超理系のお話をしてくださるのが北住先生。
話を聞いておりますときは、ふうーん、なことも、

後から後から、「そーゆーことか!」という気づきがやってくる。

サイエンスで語ってくださる宇宙のハナシ、
私たちの身近なところに、いたるところに宇宙があるんだ。
そして、私たちが、
どんなところに生きているのか、
どういう時代に生きているのか、
が、はっきりとわかる。

これは、人間の歴史だとか、人間目線のお話ではないよ。
生物・地球・宇宙の目線では
わたしたちニンゲンが、どんな存在なのかっていうことだ。

「自分」にどっぷりと浸かりすぎているときに、
ぐーんと自分から意識を引き離して、
もっともっと大きな視点でものをみようじゃないか!!

と、

ばっさばっさと、意識の整理整頓が
無意識レベルも総動員で行われている、
感じがする!

「これはすべて数式で表せるんです。」
「これは今、探査衛星が探索中です。」
「これは、いくら調べても、謎です。今のところ。」

とかとか、

「なんとなく、~な感じがする」

的な話がないのが、なんと気持ちいいことか。

サイエンスの視点も、真実へ至るためのひとつの道なのだと思うと、
おもしろい、興味深い、ためになります。

でね、昨日は、数秘的な話や、幾何学図形、それに占星術のことも触れてくださり、
私としても、いろいろ整理ができました。
うわ~、ほんとに、ありがたいです。


昨日、講座からの帰り道に、ふと感じたことは、

「占星術、その情報力が膨大すぎてなあー。
これからは、その膨大な情報量の中から、
今の自分にとって、(その人にとって)、一番大事な必要なものを差し出すってのがいいかも。」

と、思ったんですよね。

だって、私たち、3次元を生きるニンゲンですから。

今・ここにグラウデイングしているニンゲンですから。

多次元情報の中、今、受け取れるものに、フォーカスしようと。

で、もちろん、無意識レベルでも受け取っているものがたくさんあるのですが、
それは無意識さんにおまかせしちゃおう!

無意識を信頼して、そこからふと感じられることを受け取れる自分でいようと。

そんなことを意識しながら、これから星の講座や、星のコンサルテーションを
やっていきたいと思いました。

どーせ私ら、宇宙に生きているんだから
だったら、3次元を楽しもうじゃないか!!

日常のいたるところに、宇宙があるよ。


なんとなーく、っていうこととか、
ふっとそんな気がしちゃったんだよ、っていうことが
案外、自分の本音だったりするよね。




9月26・27日 「星空トーク」@東京世田谷SPG
 ご参加お申込み受付中

*9月のコンサルスケジュールはこちらから→★

*秋の星クラス開講準備中

*個人コンサルメニューはこちらから→★
*お誕生日の方に、「ハッピーバースデーセッション」→★
*時期選定コンサルテーション→★





スポンサーサイト

宇宙の勉強会

 09, 2013 20:35



今日は、宇宙と自然科学のお勉強会に参加。

太陽系についてのお話を伺ってきました。


宇宙の話をサイエンスの視点から聞けば聞くほどに

おもしろい!

この地球、宇宙のワンダーランドっぷりに

この地球のまだまだ未知の世界っぷりが

おもしろい。


わかってきたこともあるけれど、

この世界は、まだまだわからないことの方がいっぱいあって

目に見える世界よりも見えない世界のほうが
いっぱいあるんだってことが
サイエンスの視点でも明確に示される。


そして、わかってきたことっていうのは
観測技術の進化
分析技術の進化によるものが大きく

いろいろなアプローチで測定してきた多重性・多面性によるものも大きそう。


それって、
超文系の私からしてみれば、
人の体から、感情から、思考から
ボデイーから気やエネルギーから

色から 香りから 形から 

いろんなアプローチで
自分のことを見ていくことともおんなじだな。


視野を広げていく
見る角度を広げていくと
違ったものが見えていく。


いろいろな視点を持った人同士が集まり

刺激し合って、議論したり、シェアしあったり


物事の普遍的なものが見えてくる瞬間があるかなー

って、

そんなことを毎回発見するのが楽しい。









WHAT'S NEW?