2017/07/18

自分の好きな香りを選ぼう

こんにちは。

アロマセラピーといいますと、
女子っぽいイメージがあるでしょうか?

いえいえ。
そんなことはありません。

アロマというくくりなのか、
香り、というくくりなのか、

どちらでも私はいいと思うのですが

天然のものから抽出した香りは、

女子たちだけではなく、男子のものでもあります。


うちのダンナは、
ときどき、思い立ったようにお香を焚いています。

「なんで?」と、聞いても、特に答えは返ってきませんが
香りの作る空間が必要なのでしょう。
好きな香りを、好きなときに焚いています。


先日、プライベートで古い友人ご夫婦が遊びに来てくださりまして

ダンナ様の方から
「いい香りのことが知りたい。」というざっくりとしたリクエストをいただきました。

私がアロマセラピーのことをやっていることはご存知でしたので、

「じゃあ、いい香りを香ってみます?」

と、
エッセンシャルオイルの香りを心ゆくまで香っていただきました。

うちにある精油を、おもむろに、みーんなテーブルに並べまして

「嗅いでみていいですか?」と、おっしゃられましたので
「どうぞどうぞ!」


20種類以上もの香りを、順番にひとつひとつ手にとっては
静かに香っておられました。


特に私からは、
「これは、どういう精油で。」とかいう説明もせず、
「これがいいですよ!」と、特におすすめもせず

ただただ、
「ご自身で」香りを楽しんでいただく時間。


何も話さない静かな時間。

やがて、5種類ぐらい、好きな香りを選ばれて
(それも、ご自身でどんどん自由に。)

ムエットにたらしたり、アロマストーンにたらしたり、
その香り方の違いもご体験いただき。

お持ち帰り用に、香りのアロマミストをお作りいただきました。


ふと見ていますと、
その方ご自身のおられる場が、
とても居心地のいい、嬉しいスペースになっていて
ご本人様もとっても嬉しそうでした。

周りの誰も介入せず、邪魔をせず
ご自身の香りとの対話の時間をただ観ていると
シンプルながらも、いい感じのことが起こっていきます。

「自分で香りを選ぶことができるんですね。」って。

そうそう。そうなんですよ!
人間の感性って、自分にとっていいものを選ぶ力が、ちゃんと備わっています。
自分にぴったりの香りを、ご自身の嗅覚を信頼して選ぶことができるんです。
こういうとき、私は人間の中にある豊かさや美しさを感じます。

「天然の香りって、いいですね♪」って。

日常の中に、天然のものがあると、ほっとしますね。
私も天然の香りが大好きです。


うちのサロンは、女性専門ですので
現状、なかなか男性の方々にシェアさせていただく機会がもてていないのですが、
今後、そんな機会もできてきますとおもしろいなあと思っています。

あー、楽しかった(^^♪




スポンサーサイト
2013/02/19

ブンタンの香り

先日、実家に帰りましたときに、
父の田舎(三重県)でたくさんブンタンをもらってきたそうで
家に山盛り。

「あー、それ欲しいー!酵素ジュースを仕込みたい!」

と、7つほど送ってもらいました。

それで、今日は、ブンタンで酵素ジュースを仕込みました。

柑橘系のさわやかな香りに包まれての作業は
時間を忘れてしまいますね。

香りでうれしい、
手で触れてうれしい、
目で見てうれしい。

季節のものを仕込むときって、
うれしいことがいっぱいです。
もちろん、出来上がりもうれしい。

美味しい+体にも嬉しい。

まさに、うれしいことづくめです。


柑橘系の実ものは、木星に分類されています。
内側から外に向かって膨らんで、ふくよかに実をつくる要素が、
木星の「広がる」、「豊かさ」とつながっています。

伝統的なハーブと星の関係性でいきますと、
オレンジは太陽と木星、レモンは月。

ブンタンは・・・
これは日本のものですからねえ、もちろん西洋のハーブの伝統にブンタンの記述はありません。

ですが、

おおらかに実る豊かさの質は、ブンタンにもあるよねーって感じます。
ただ、お味が少々すっぱかったり、ちょっと苦みがあるところが、
木星の中にも、春っぽい感じだとか、風っぽい要素
あるいは、苦みということで土星っぽい要素がニュアンスとしてある感じがします。

苦みとか、酸っぱさって、
日々の中の出来事に置き換えてみますと、
ちょっと苦い経験だとか、
決して甘いだけの経験とはいかないけれど、
それでも、そのときの経験が
やがて自分を大きく成長させてくれた糧になってるようなものかもしれませんね。

苦い経験を糧として、より成熟した実をいただくことなのかなー。

と、現在のところ、
仕込みを終えたブンタンも、醗酵中につき、
より成熟したお味になっていくわけです。

時間をかけて、ゆっくりいきましょう。
2011/08/29

ボディーケア

先だって、岡山へ出張したときに
ボディーケアサロンのオーナー、ひいろちゃんと一緒にメイク落とし&洗顔をしてましたら

「NAOMIさん!洗顔しながら息とめないで!リラーックスですよ~」

と、教えていただきました。

たしかに~。私のメイク落としも洗顔も
息をとめて、目をぎゅっとつぶって、必死になってやっている感じ。

だって、泡が~。目つぶったら、海の中にいるようで~。
苦しい~(妄想)


ひいろちゃんは、まるで泡の中を泳ぐマーメイドのような人。
彼女の洗顔はとてもチャーミングでやさしいのです。


だったら、リラックス洗顔の練習だ~

と、ここのところ、毎日まじめにメイク落とし&洗顔をしております。


ちゃんとやりますと、顔をやっているにも関わらず
足の裏からじと~っとしたものが、にじみ出てくるのがわかります。

リンパ~


それで、季節の変わり目というのもありますのでね

フェイシャルケアと並行して

お風呂の中で、洗う前に

塩と精油と植物油を混ぜたもので、ボディースクラブ(特に足とか、膝とか、ひじとか、腹とか・・・)、

植物油と精油を混ぜたもので、頭皮マッサージ

も、日々の日課の中に組み込みました。


夏の間にたまった、いろんなものが
ここ数日の間に出てきています。

新月前からはじめて、新月を超えていきましたというのも
いいサポートになってます。

精油は日替わりで、その日のブレンドを作ります。


スクラブして、頭皮マッサージしたあと
シャンプーして、体を洗いますが

洗い上がりが、すっきり。さっぱりします。

気分もすっきりしますし、物事もなんだか明るく見えてくる。

塩の浄化力っていうのも、ありますよね。
香りの力っていうのも、ありますね。



9月は、私を大切にする1カ月にしようと思います。


*塩スクラブは、けっこうお肌に刺激もありますので、加減をみながらがおすすめです。

2011/06/20

みんなの平和のために

久々、ハーブのことです。


実家に居候生活が始まってから3カ月。

震災の2日後から実家に滞在して
突然の娘の帰省に両親もびっくり。

そのまま、引っ越ししてきたものの

さすがに、新しい生活のリズムに
全員が心身共に疲労困憊。

そろそろ限界よね~、というとき。


父が、
「ハーブテイーでも入れてくれ。」という。

「疲れてるので。」

「家族みんなが幸せになれるやつを、よろしく。」


そうそう。
そうなんですよ。

私は私で、
そろそろ自分のリズムや、自分のやり方、暮らし方にしたいと
猛烈に自我が叫びだしていて

母は母で、
そういう私の態度に猛烈に抵抗していて

父は父で、平和をなんとか、頼む~

という状態。
(そりゃ、全員へとへとなわけです。)


誰が悪いわけでもなくて
ただただ、
自分が自分でありたいだけなのだ。

その一心で、
何かと戦っているだけなのだった。


<父のオーダー、みんなの幸せのためのブレンドテイー>
マリーゴールド
カモミール


すごく美しい黄色の花弁。

一人ひとりの光を思い出すかのよう。


お味のほどは、
感想、特に聞いてませんが


私も少し、自分と家族に優しくなれたように思います。


うちの父の日は、こんな感じでした。

しかしながら

「家族みんなが幸せになるハーブテイー」っていうオーダーは
うれしいなあ。


マリーゴールドも、カモミールも
太陽を思い出すハーブですね。


暖かくて、明るい日々を
家庭にもたらしていくのは
一人ひとりの暖かさと、思いやりですね。

そして
一人ひとりが
自分が自分自身であること。

それをお互いに尊重しあっていること。

心を合わせていくこと。


そういうことを
大切にしていきたいです。

2011/03/07

のんびりデー

今日は、一日、なーんもしない日にした。

お昼ごろまでゆっくりと外の雪景色を眺めて


お昼っからは
お気に入りのアロマオイルでボデイーケア。


今日は鼻にしたがってチョイス。

ミルラ
ジュニパー
ベチバー
イランイラン


そのあと、ホホバオイルだけでフェイシャルケア。


で、なーんも考えずに、仰向けになって目を閉じる。


あー。ゆっくりした~。