FC2ブログ
2011/02/28

小豆粥と甜茶

ここのところ、体への負担がかなりあったようです。
食欲はあっても、食べたものをさっぱり胃腸が受け付けない状態が続いてました。

手技整体に行き、からだの調整をしていただいたところ

「腎、弱ってますねー。で、肝まできてますよ。」


自分でも、調整していただきながら、
幾度と無く、体の悲鳴を聞き

「これはまずい。これはひどい。」と、我が身を振り返り


「我慢強い性格も手伝ってますね。」と、おっしゃっていただいた言葉は、
まさに私の今までの人生そのものかというぐらい。
なんだか勝手にしんどいものへとしていたようです。



見た目以上に、中身が弱っている。



そりゃ、はたから見たら、元気そうに見えるわけです。
そこまでひどいとは、わかりにくいわけです。
(我慢強いにも、ほどがある。反省。)


で、
前々から食べたかった小豆粥を、玄米で作りました


あずき、滋養があります。やさしいお味です。
腎機能のお手伝いもしてくれます。
あずきの赤は、邪気をはらうとも。
もともとは、中国で食べられていたらしい。


とろりんとしたお粥さんができあがりまして
腎もちゃんと温めて、
いたわります。いたわろう。


そして、スーパーのお茶っ葉コーナーを何の気なしに見ていたら

甜茶(てんちゃ)っていうのがありまして
なんでも、花粉症によさそうなんだそうです。

ものは試しに、飲んでみましたら
ほんのり甘いお味の中国茶。
これも、なんだか、腰のあたりがほんのりあたたまる感じがして
やさしい感じ。
ちょっと続けて飲んでみようかと。

ネットで甜茶を調べてみましたら、
一日500~600mlの甜茶を飲むのが目安だとかで、
(もちろん個人差はありますが)
なんせ、肝腎弱っとるしなあ・・・

飲んでみます!


整体にいった日に見た夢は、
星空を見ていたら、
「アジア航空」というロゴの入ったジャンボ機が
大迫力で空を飛んでいった夢。

私の体は、アジア仕様なんだろな。

小豆粥・中国茶、ありがたいです。