2013/12/14

みかん酵母




先日、発酵教室で仕込んだみかんさん。
こないだの水曜日に冷蔵庫から出しまして・・・




冷蔵庫でたっぷりと増えた乳酸菌さんをばくばく食べながら
今は、酵母が発酵中~。
お色も、姿も変化していく~。



発酵と腐敗とどう違うんですか?

って、先生にお聞きしてみました。


発酵と腐敗の違いは、人間にとって有用か害があるか、その違い。
どちらも、生物としての観点でみると、
変化していくプロセスなんだけど、

それが、人間にとって有用ならば「発酵」。
害をなす場合は「腐敗」

なんですって。


さらに


「腐敗」は、
もう、次のステージにいくために
一度、おおもとに、土にかえるための
単なるプロセスなんですよ。


ですって!


なーんだ。そうなのか。

だったら、わかるよ。
発酵も、腐敗も、どっちも冥王星だね!


腐っちゃった!!!
っていう、その一面からだけ見ると
「うげー」ってなるけれど、
次のステップへ行きたいので、一度、土にかえる
そして、また新たな芽吹きを待つ。

っていう、大きな循環があるのかとわかると

腐敗を、単なる通過するプロセスとして
受け取ることができる。

朽ちていくのもまた、生命力なんだな。


で、この、みかん酵母さんは、
もう少ししましたら
私の腹の中に。

サソリー牡牛のエネルギーを感じます。

私に食べられることで、一度その身を移行させますが、
腹の中で、どっこい生きている。
そして私をも活かしてくれる。
これもまた、生命力。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント