2014/06/02

最近の動き




こんにちは。naomiです。

先月、新しい星のクラスがスタートしました。
新しいご縁に、感謝です。

今年はプライベートやセミプライベートのクラスを中心に
やっていこうかと思っております。
ひとつひとつ、対話しながら進めていく星のレッスンです。

人の数だけ星読みがある
と、常日頃感じております。

学ぶ人の数だけ、星読みがある。
とも、感じております。

私の星読みもお伝えしますが、
クラスを通じて目指しているところは、
皆様ご自身の感覚で、
皆様ご自身の言葉で
星を感じて、読んでいくことを目指しています。

ご興味・ご関心・ご希望がございましたら、
新クラスを作りますのでお問い合わせくださいませ。

(4~5名までの少人数クラスも歓迎です)

よろしくお願いいたします。


それから、
先日のことですが、
2014年下半期星スケジュールを書く会、を開催。

こんなのを個々人が作ります。






もともとは、私が個人的に10年以上やっていたことなんですが、
天文暦をみながら、
天体の動き、月のサイクル、天体同士のアスペクトを
普段使っている手帳に書き込んでいきます。

で、自分仕様の星手帳を毎年年明けに作っていました。

市販の星手帳と違うところは、
より細かいデータを書き込むことと、
自分仕様にカスタマイズしているところ。

どこまで細かく書くか、は
自由に自分で設定します。

これを自分で始めた理由は

①星の動きを日常的に読む練習のため

②星の暦で暮らしたかったから

③自分にとってポイントとなる時期や日付を知り、
かつ、そのときの影響を検証するため。

つまり、
勉強と実益の両方のためです。


占星術の勉強をされていく中で、
トランジットからネイタルの影響をチェックしていくことや、
日々の星の動きを読みこなしていく&暮らしの中で活用していく
という段階がやってきます。

そのときに、おすすめの勉強方法のひとつです。


はじめから、全部わからなくても大丈夫です。
むしろ、毎日、天体の動きを手帳をくって眺めながら
だんだんわかってくることが出てくる、

ぐらいに思って、気長に楽しんでいただく方向けだと思っています。

やっていくなかで、
自然と天文暦とも仲良くしていけるようになります。

星って、
わからないとさっぱり見方がわからないですし、
向き合い方もよくわからないのですが、

ちょっとしたコツがわかりますと、
するすると、すべてがつながっていくような不思議な時があります。

「そうだったのかー。」
「なるほどー。」
「あーーーーー。」

腑に落ちる瞬間が、勉強していく中で何度もやってくる。
それは、突然にわかる瞬間、消化される瞬間なんですね。

そういう不思議な学び方。
お星を日々の中に取り入れてみる
星スケジュールの会。

また、ご希望の方がおられましたら開こうと思います。

で、先日の会の中で
参加者の皆様方との意見交換の中で思ったことは、

手帳に書き込むバージョンと、
ホロスコープ(つまり円環)に書き込むバーションと、
その両方の感覚が自分の中に育ってくると
もっと理解が進みますね

とのご意見でした。

たしかに、たしかに、おっしゃるとおりです!


黄道12宮のホロスコープが、頭の中にイメージできていると、
とっても便利になります。
天体同士の位置関係が、
イメージできていますと、なお楽しめます。

まずは、ご自身のホロスコープが、
ラフスケッチみたいに描けるぐらい
イメージできるようになってくると、
おもしろくなってきますよ。

何座のどのハウスにどの天体があって、
どれとどれがアスペクトしていて・・・・

っていうことがまずはイメージできる状態。

そうすると、
大分おもしろくなってきますよ。星。

チャートのしくみも見えてきます。

ですので、
ご自身のホロスコープを手描きで描いてみましょうよ
という練習も、
オススメさせていただいております。

実際に描いてみることで
ぐっと腹に落ちてきますから
もし、まだ描いたことないんですという方がおられましたら
お勧めです。

今日は暇で暇で、
なんにもやることないんだー!

というときに、
人生の中のほんの数時間を
ご自身の星を描いてみる時間に
あててみませんか。

なーんてね。(けっこうマジでおすすめです。)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント