2014/07/12

やぎ座満月12星座別一言コメント

こんにちは。

八田占星学研究所*naomiです。

いつもお読みくださり、ありがとうございます!

では、ご参考までに、12星座ごとの一言コメントです。


牡羊座

自分に、
みょーに明るいスポットライトがあたっているのかな~・・・と思って
よくよくみてみたら、
あなたのことを大切に思っている人たちや、
あなたをいつも応援している人たちが
ありったけの小さな光で
あなたの足元から照らしてくれていた!
ということに驚きそうです。
そのひとつひとつの小さな光が、
あなたのこれからの道筋を
ささやかながら、力強く応援しています。
信頼と共に、進みましょう。


おうし座

いつもあなたが口にしていることや、
いつもあなたが伝えていることが、
ひとつの叡智となって
大切な人たちのもとに伝わっていきます。
そのことを通じて、
さらに、あなたは深い知恵を受け取る旅がはじまります。


ふたご座

あなたが心地よく気持ちよくできることは、
あなただけの才能ではありません。
それは、他の人たちにとっても
素晴らしい財産であり、尊重されるリソースです。
才能と才能を、
リソースとリソースを、
有機的に融合させていくことが
今のあなたへの大きな恵みにつながります。


かに座

その人と共にいることが、
あなたにとって、どういうことだったのか。
ひとつ、区切りとなるような
答えが出てくるようなときです。
その人とだから、
そこまで共に行くことができたのだと
思います。


しし座

表に出てこないような、
影の努力が、身を結んでいく
うれしい感覚があるでしょうか?
見えている努力も
見えない努力も、
どちらもあなたの才能です。
そして、
見ている人はちゃんと、見てくれていますね!


おとめ座

少し視点を別のところから向けてみましょう。
できましたら、
これまでのあなた、ではなく
これからのあなた、という視点がいいかなと思います。
実は、そういうのが好きだったんだ! とか、
実は、こんなことをやりたかったんだ! とか、
いつもはあまり語る機会のないことだけれど
確実に、あなたの人生を楽しく豊かにしてくれているものを
表現してみるチャンスです。
楽しみましょう!


てんびん座

深く根っこを伸ばした分だけ、
高く枝を茂らせることができます。
地面の下と上とでは、
同じぐらいのボリュームの根っこと枝が
茂っているそうです。
今は、地面に深く・広く
たくさんの根っこを張り巡らせていきましょう。
そこから、多くの滋養を得ることができ、
やがて大きく枝を伸ばしていくことができるのだと
思います。



さそり座

おりてきたインスピレーションを
この世にとどめて、
さらに、誰かに話してみよう、伝えてみましょう。
話が的を得ていなくても、大丈夫です。
今、完璧に伝えることが目的ではなくて、
あなたが伝えたいものが何か?を
あなた自身が自覚することが大事なようです。
そこさえ押さえれば、
あとは、おのずといけますよ。


いて座

たくさんの人たちのあたたかい気持ちが、
いつのまにかあなたの一部として
生き生きと動き始めています。
交流すること、
エネルギーが健全に流れていることが
リアルに感じられているかもしれませんね。
あなたは一人ではありません。
分かち合うものがあり、分かち合う仲間がいます。



やぎ座

育ててくれた人たち、
温かく見守ってくれた人たち
いつもそこにただいてくれたひとたち
その人たちの気持ちに支えられて
あなた自身の今、にたどり着いたようです。
やぎ座の満月は、あなたがあなた自身に
光をあてることをサポートします。
そして、ここからまた
新しいあなたが生まれます。



みずがめ座

なんとなく、ふと浮かんできたことば、気持ち、考え。
それ、ちょっと大事かもしれません。
いつもでしたら、表に出さなかったようなこと。
あなたの本心、願い、目標、やりたいこと、夢。
意識をしっかりと向けて、
表に出してみるときです。



うお座

心から楽しめることを、
みんなで分かち合うとき。
いつでも、そこには、
あなたの善き心と、優しさと、
希望があるのだと思います。
響きあう祈り。共鳴。





やぎ座は、地の星座です。
リアルに、夢を現実化させるための行動を
実直に続けていく質を持っています。


個人のチャートでやぎ座が目立っている方は、
(太陽・月・アセンなどがやぎ座)、
有言実行タイプが多いです。
やると決めたら、やります。
それ、当たり前のことですし、
やるとなったら、クオリテイーの高いものをやろうとします。

ですので、
ついつい、できあがったものに目がいってしまい
「すごいねー」って、言ってしまいますが、

ほんとうのやぎ座のすごさは、
そのプロセスにあるんだろうな、と思います。

山の頂を目指して、
一歩一歩、足を進めていく姿に
やぎ座の美しさを感じるのではないかと思いますし、

結果、手にしたもの、頂から目にした景色の美しさも
また、やぎ座の美しさなのだと思います。

日々の行動そのものの中に宿る
実直な美しさが、
すばらしいものを作り上げていくのではないかと、

最近、やぎ座については思っています。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント