2014/09/22

ピュタゴラスチャートの講座を受けてきました

こんにちは。
八田占星学研究所*naomiです。

先週末は、最古のチャートとも言われている
ピュタゴラスチャートを作成し、リーデイングする講座を
スカイプで受講しました。

コンサルテーションでいつも使っているのは、現代数秘になりまして、
主に、タイミングを見たり、今ここに起こっていることに気づくことがわりと得意。
また、個としての本質と社会的役割とのバランスをとりながら、どのように自分としてあるのか、
ということにもフォーカスがあたります。

一方で、ピュタゴラスチャートの方は、

もともとその人が持っている素材そのものへの理解と気づきを促す。
良し悪しでもなく、吉凶でもなく、
ただ、その人がもっているもの、特徴を知ることで、
次の選択や対処ができる。
そして、
パートナーシップに理解をもたらすこと、仕事上での屋号や名前との相性を見るのにも
お役立ちです。

使うのは、生年月日と下の名前のみ。
補足として軌道数(人生のテーマ)も使いますが、
複雑な計算のテマもなく、とてもとてもシンプル。
がゆえに、じんわりと深く来る~。

1から9の数字のクオリテイー。
一人の人が、そのすべてを手の内に持つことは不可能。
だからこその、個性のデコボコ、おもしろさが出てくる。
それぞれの、個としての、今生の学びがある。

誰もが、活かせる素材を持っているし、
気を付けた方がいいことだってある。

同じ家族内でも、
全く違う質を持っている。だから、おもしろい。

異質な人同士が一緒に暮らすのが家族だとしたら、
お互いを認めず、自分の正当性を主張しあうのか、
それとも、
お互いをたたえあい、支え合い、
自分のありのままの現状に気づき、
そこから学んでいくのか。

家族間のドラマ、いったい何が起こっているのか
どんな役者がそこにいるのか、

自分の色眼鏡に気づくと、
するすると見えなかったことが見えてくる。

誰もが自分の色眼鏡をかけていることにすら、気づかないことだってあるもんね。


1から9の
たった、9種類の数字の組み合わせが見せてくれたもの。


長いこと、家族をやっているからこそ
改めて、今、見えることが出てくる。

まだまだ、人生、これからがおもしろくなっていくんだ。


地味ながら 実り多いよ ピュタゴラス
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント