2014/10/16

土星のこと

こんにちは。

八田占星学研究所*naomiです。

東京は、急に秋らしいひんやりとした空気感になってきました。
あたたかい飲み物が、ほっとする季節ですね。


最近、

「どうして、このお仕事をすることになられたのですか?」

と、聞かれることがあります。

特に、今年に入ってから、けっこう多いんで
おもしろいなあ~って思っています。


自分のことをお話させていただいたあと、
私も、
その方のことをお伺いさせていただくこともあります。

「それで、あなたはいかがですか?」って。


人ってそれぞれなんだなあ、と思うことが多いですね。


生まれ育った環境や、
そこから育まれてきたものも違いますし、
興味のあることや、
はまっていること、
好きなこと、
時代背景、
仕事へのモチベーション、
選択するときに大事にしたいこと
苦手なこと

などなど。

いろんな要素がからまって、

今の自分への道のりがあるんだなあって思います。


話してみることで
あらためて、自分の通ってきた道がわかることがありますし、
そのときどき、自分では普通に選択していたことが
他の人だったら、それはとんでもない選択に感じられたりもします。



ですから、

人の話は、自分との違いを知る際の参考にはなりますが
自分で決めるときは
自分で決めるんだということです。




そんな機会がどうも多いなあ、というのは
私のネイタル土星に、トランジット土星が180度の時期にさしかかっている
ということも関係あるんだろうなあ・・・と思います。


サターンリターンから、2回目のサターンリターンまでの
ちょうど折り返し地点の時期です。

1回目は30歳前後。
2回目は60歳ごろに来る人生の節目。


こういうときには、ネイタルの土星がクローズアップされて
自分の人生に共鳴してきます。

これまでの場所から、次の場所へと


内的に動いていくときです。


今まで、自分をやってきて
うまくいったこともあれば
失敗したこともありますが、

大きな視点でみたときには、
とどのつまり、それってどういう土星のテーマをずっとやり続けていたのか
ということに、
意識的になれるとき。

長いサイクルの中で生じてきた不具合を、
より心地よい状態へ、ゆっくりと調整します。


別に、意識してそうなっているわけでもないんですが、

星の暦ってうまいことできてるなあ。


大事に過ごそうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント