2014/10/24

10月24日 さそり座0度部分日食

こんにちは。

八田占星学研究所*naomiです。
いつも、お読みいただき、ありがとうございます。

10月24日 am6:56 さそり座0度での部分日食です。

日食図@東京では、
アセンダントサソリ座、さそり座の支配星である火星はいて座に冥王星はやぎ座で共に2ハウス。
火星は蝕が起こっている12ハウスさそり座の太陽・月・金星のコンジャンクションに90度。
冥王星は、12ハウス天秤座水星と5ハウス牡羊座天王星に対してそれぞれ90度、Tスクエアを形成。

蝕の太陽と月は、12ハウスさそり座で、金星とコンジャンクション、4ハウスうお座海王星と120度。

しし座のMCには、木星がコンジャンクションしており、1ハウスサソリ座土星と90度を形成。

奥底からの力が、揺り起こされています。
1室にあるさそり座土星は、あなた自身にしっかりと根付くようにと促しています。
表面的なところで、なんとかしようとせずに、
本質的なところから、あなた自身の深みから
しっかりと根付くようにと促しています。

ひとつひとつ、根付かせていくことは、
何かをひとつひとつ決めていくことだったりもします。
ひとつひとつ決めていくことで、
そのほかの可能性をすべて手放していくことが起こりますが、
同時に、
決めたその、たったひとつのポイントから、
一瞬にして、無数の新たな可能性が生まれ出てきます。

手放したものよりも、
これから生み出されるものの方が、きっとたくさんあるのではないかと思います。

そして、今回の蝕は、12ハウスで起こります。
ゆだねていくことから、はじまっていくのだろうと思います。
あなた自身の声なき声に、
今の流れに、
なんとなくの感覚に
何度も何度もご自身に問うてきたそのプロセスに、
ゆだねて、信頼していくことから
はじまっていくのだろうと思います。

新月や日食は、刷新ともいいますが、
信頼し、ゆだねていくことによって、
あなた自身が無意識レベルから刷新されていくのが
今回の部分日食。

深く深く、
あなた自身でさえも、知らなかった自分自身の
イノチの動きそのものを、
あなたの指針としてみられるのがいいのかなと思います。

知らなかったとはいえ、
「それ」がやってきたとき、感じられた時には、
「わかる!」「わかった!」と、
あなたのなかの「何か」が、「イエス」というのが
あなた自身には、きっとわかると思います。

「それだよ!それそれ!!」

内側から沸き起こってくる、声なき声に、

いつも耳を傾けてみるときです。

もう一度、あなた自身に根付いていきましょう。


いつもお読みくださり、ありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント