2014/11/07

11/7 おうし座満月 12星座別一言コメント

こんにちは。

八田占星学研究所*naomiです。

では、ご参考までに、12サインごとの一言コメントです。


牡羊座

あなたがゲットしたものを十分に味わうときです。
あなたには、
一度決めたらそれを手にすることができる素晴らしい行動力がありますが、
そこに至るまでのプロセスや、感情の悲喜こもごも、
応援してくれたり、サポートしてくれた関係者の方々、
実に多くの方々の気持ちと共にあったのではないでしょうか。
あなたが手にしたものは、
あなたが実際に手にしたもの以上のすばらしい宝物なのだと思います。


おうし座

あなたの星座で満月が起こりました。
あなたが本来のあなたらしくある感じではないでしょうか。
生き生きと、肉体の躍動感と共にある感じ。
感性が全開となっている感じ。
ああ!生きている!ワタシ!という感じ。
そうそう、それそれ。
それがある限り、あなたはいつだって大成功です。


ふたご座

絶対にそれはほかの誰にも明け渡したくない。
そんな強い気持ちが顔を出すときです。
それでいいんだと思います。
いつだって、あなたは周囲の空気を敏感に感じ取っておられる、
最高のコミュニケーターなのですから、
あなた自身が、あなた自身の欲に素直になっているからこそ、
みんなの声がよく聞こえてきたり
その場に必要なシェアができておられるのだと思います。


かに座

何も言わずとも、のんびりと一緒に時を過ごしてくれる仲間が
ことさらに大切なときです。
何も言わずとも、そこには強い主張があり、
豊かな感性があり、
お互いに、「自分が何者か」を自然に表現している間柄。
ゆっくりとした仲間たちとの時間が、
「あなたが何者か」を静かに教えてくれそうです。


しし座

実感を伴った確信がハートに灯っておられるようなとき。
「それがやりたかったんだ!」
「まさにこれなんだ!」
言葉にならないけれど、たしかにあなたのなかにある
「それ」のことです。
いい感じだと思います!


おとめ座

ふわりと高みに上って、
広い景色を眺めてみるときです。
わさわさとした、おしゃべりのその奥にあるものが
ふんわりと見えてくるとき。
感情が幾重にも折り重なっているように感じられますが
そのもっともっと奥の方へと進んでいくと
静かなスペースがありますから、
そこで静かに、ただ、あなたの真実を
味わってみてください。


てんびん座

たくさんのパワーを調達できるときです。
それだけ、あなたには
ストレートな求心力があるのだと思います。
ぐっと、ご自身の中心に錨をおろして
あなたがそこにいるだけで、
なにかがぐぐっとダイナミックな変容をとげていくのです。


さそり座

フレッシュな出会いを、楽しむときです。
あんがい、身近なところに
フレッシュなものがあるものです。
あんがい、地味なところに
きらりと光る物や
ぐぐっと心の奥深くにしみとおるものが
あるものです。
そんな素敵な出会いが、
いつもの日常の中に、
あることを
あなたが受け取ったとき
そこで何が起こるだろう。


いて座

ちょっとお忙しいときになるのかもしれません。
はりきって、お仕事に精を出される時だったり、
人のお世話をするときだったり、
あるいは、
自分自身のケアを念入りにするときだったりと
さまざまな調整や準備が行われるとき。
深い深い、心の中にずっとあった気持ちが
そっと出てくるようでもありますので、
その気持ちに寄り添いながら、
今、あなたに起こっていることに真摯に向き合っていきましょう。


やぎ座

自由にやってみる。
自由に楽しんでみる。
なんでもおもしろがってみる。
みんなで盛り上がってみる。
という、ダイナミックなエネルギーと共にあるときです。
ご自身の中にあるエネルギーを、
どんな風に使っていくのかを意識して。
おもしろいものを生み出してみましょう。


みずがめ座

足元を見つめなおしてみるとき。
基本に立ち返ってみるときです。
あなたが本当に望んでいることに真摯になってみるときです。
そこから、ゆっくりとはじめてみませんか。



うお座

美しいものと共にあるときなのだと思います。
あなたが心から美しいと感じるものを
受け取ったり、あるいはお伝えしたりするときです。
言葉にならないもののなかに
言葉以上に素晴らしいものがあるということを
あなたはただ、知っている、感じている。





いつもお読みくださり、ありがとうございます。

今回は、おうし座の満月ですね。

おうし座は、肉体、そして五感の豊かさを存分に使って
自分自身を知り、世界と出会っていきます。

理屈ではない、ただそこにあるものを通じて
十分に自分と世界を感じていきます。

体が教えてくれること
感性や感覚が教えてくれることは、
ときに、言葉や知識をはるかに超えていきます。

音楽だったり、色彩だったり、触れることだったり、
空気感だったり、リズムだったり、
あるいは、体の動きそのものだったり、美味しいものだったり

さまざまな、アートを通じて
私たちは、何かを刺激され、
ここに生きている自分を見出していきます。

生きているカラダ
生きているココロ
生きている私

生きているかぎり、
ずっと共にいるこの体と、感性と。

あたりまえのことですが、
そのあたりまえのことの恵みと、共にいる満月です。

みなさまおひとりおひとりにとって、
素晴らしい日となりますように。


いつもありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント