2015/06/12

<体験談>オリーブグリーンの柱が立ち上がった





オリーブグリーンの柱が立ち上がった


こんにちは。
八田占星学研究所*naomiです。

先日、ふと思い立って、
オーラソーマのボトルを4本選び、セルフリーデイングをしました。

ちょうど、
なんだか、感情がいらいらとしていて
すごく人のことが気になったり
ちょっとしたことでむっとしたり、
次のステージへ行くことをかたくなに拒んでいたり
ぐだぐだとやらない、できないことへの言い訳をしていたり


心が落ち着かないなあ!!!

と、思っていたときでした。

そのとき選んだ2本目のボトルは、
91番「オリーブグリーン・オリーブグリーン」。

このボトルは、「フェミニンリーダーシップ」という名前がついているボトルなのですが、

そのときの私は、
なんだか対人関係でいらいらしていたり、
すぐに負けず嫌いが顔をだしてしまったり。

2本目のボトルは、今の自分のチャレンジテーマであり、
と同時に、携えてきているギフトでもありますが、

「フェミニンリーダーシップって、なによ! なんで今の私に必要!?」

と、一人ぐだぐだ状態。

「オーラソーマのボトルは、実際に使ってみたらわかるよ、プロセスがはじまるよ」ってよく言われています。

ぶーたれているときこそ、理屈じゃなく実践。
で、使い始めました。

ちょうど、水星も逆行だしね、なにかちょうどいいや。という軽い感じで。

そうしましたら、
でるわでるわ。感情のデトックス。
さらに、ひどい頭痛、体中が痛い、ダウンして寝込み、
食べることもほとんどできず、日常的活動が強制終了。

人とも会う元気もなく、
情報もすべてシャットダウン。

いい断捨離、デトックス。

あー、そうだった。
このボトルって、タロットだと
「死」の第2レベルだった。
手放し、変容していくプロセスを受容していくんだったと
思い出したのはちょうど寝込んでいたとき。

もはや、現状のいらいらを誰かのせいにすることも、
誰かと自分を比較してちっぽけなエゴを満たすことも、
むっとすることすらできない。

自然治癒力のなすがまま。カラダさんにお任せ。
ただただ、自分のスペースに戻る。
それだけしかできませんでした。

そうなってみて、
つまり、
自分のスペースに戻ってみてはじめてわかりました。

私はいったい、だれと、何をそんなに競い合っていたんだろうって。
目先の心地よさにしがみついていただけだ。
そんなに負けず嫌いだったとは! 人を気にしていたとは!


みんなそれぞれ、持ち味が違うんだから、
どっちが上とか、できるとか、すごいとか、そういうのってそもそもナンセンス。
頭では分かっていたつもりでいましたが、
まだまだわかっていませんでした。




みんなで自分のできることを持ち寄ったらいいんだわ。

お互いに活かしあったらいいんだわ。

できない自分が怖かったんだわ。


小さなエゴが、ひらりと剥がれ落ち

フェミニンリーダーシップってそういうことか!
って、とってもしっくりきました。

そうしたら、とっても楽ちんになりました。
勝ち負けじゃないってわかっただけで。



私の中で、オリーブグリーンの柱が
ぴっと立ち上がった瞬間でした。


ああー、深呼吸ができる~。






*6月、7月のアストロロジーコンサルテーションお受付中です。
 メニューのご案内はこちらから→★

*アートとのコラボミニイベント:7月4日 「木星のお話会」に出ます。
 詳細はこちら→★



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント