2015/08/29

8月30日 うお座満月

こんにちは。
八田占星学研究所*naomiです。

8月30日 am3:35 うお座6度にて満月が起こります。

満月図では、アセンダントしし座に、金星・火星がコンジャンクションし、天王星が9室牡羊座より120度。
大変、びびっとな雰囲気に包まれております。

それまでのご自身の「そうである」という考え、信念が、
変化を促しています。あるいは、考えや信念を変えることが容易にできるタイミングです。
あるひらめきをもって、
一瞬の直観めいたところから、

「そうなんだ!」

と、今までの思考の枠を突き抜けて
新しいものの見方が促されるときです。

そのことが、あなたの行動を変化させることにダイレクトにつながっているようですし、
あなたの愛の表現方法や、愛されることを受け取る行為にも
ダイレクトにつながっていくようです。

「それはそういうことであったのか!」

と、今までどうにも腑に落ちなかったことや、理解しがたかったこと、
なんとなく不満に感じていたことなどが、すとんと腑に落ちる、理解できるタイミングです。

愛すること、愛されること、その相互作用。
受け取ったり、与えたり
受け取れなかったり、与えられなかったり、
なんだかそのへんの、もやもやっとしていたことが
すっきりとしてくるときです。

そして、
すっきりとしたところで、
「自分はこれからはこうしよう」と、
自分のありようを、主体的に行動にうつしていくことができそうです。
相手ではなく、自分が変化していくこと。それにつきるようです。

思い切ってイメージチェンジ、新しい自己イメージにも
チャレンジしてみましょう。
そんな自分自身を、まずはご自身が受け入れて、
楽しんで表現してみましょう。


満月は、うお座にて、7室と8室の両方にまたがっているような場所にあります。
月と海王星がコンジャンクションしており、
おうし座MC、やぎ座冥王星と小三角形を作ります。

太陽はおとめ座で木星とコンジャンクション。こちらは、1室と2室の両方に軸足を持っています。

関係性を通じて体験してきたこと、
相手から受け取ってきたことにフォーカスがあたる満月です。
その関係性には、様々な側面があり、
決して一筋縄ではいかなかったであろうことも
必ずしも良いとされることばかりでもなかったであろうことも
ままならない思いを抱き続けたこともあったのではないかと思います。

その道すがら感じてきた感情を
一度、じっくりと抱きしめて、感じつくしてみるのではないかと思います。
そうして、
感謝と共に、過去との和解あるいは、手放し、あるいは、
新たな関係性へと変容していくことを許すときなのかなと思います。

手放すもの、新たに受け取るもの、生まれ出るもの
リサイクルするもの、
様々な形態の変化があるのだろうと思いますが、

「今まで見えていたものの外側にあるものに気づく」
ということが起こってくるのではないかと思います。

自分が今まで貼り付けていた「ラベル」をはがしたら
本来のそのまんまの姿が見えてきた

なんていうことかと思います。

人は、そのまま受け取ることってなかなか難しく

自分にとってそれはどういうものか

と、ついついカテゴリーに分類したり、ラベルを貼ってみたり、名前を付けてみたりすることも
時としてありますが、
もし、今、ある人に対して、ある物に対して
そういうことやっていたなあ、と気づくことがありましたら、
「ラベルはがし」を試みてみてください。

「これってこういうもの、こういう人」
という縛りがするりと解けたとき

ほんとうのその人の姿や、
ほんとうのそのものの姿が
感じられるかもしれません。

その人の実態を知り、現実的に相手をみることが
本当の意味で、お互いを尊重しながら
共に深めていくありようなのかもしれません。

そして、
あなたの内側にある
相反するもののバランスも、
そのようにして、
いい感じに調和していくのだと思います。

常に動きゆくものが、
とどまることなく本来の動きを自然に続けることができますように。

動きをとどめてしまう思いがもしもあったとしたら
それはどこから来ているのか
どのような感情なのか
じっくりと見つめてみるのもいいですね。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
すっかり秋の空気が漂っております。
さわやかな秋をお迎えくださいませ。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント