2015/09/14

9月13日 おとめ座日食 星座別ヒトコトメッセージ

9月13日 おとめ座での日食は、向こう半年間のテーマを受け取る切り替わりです。

いつもの新月よりも、影響が長く続きます。


牡羊座

日常の習慣を見直したり、体のメンテナンスを心がけましょう。
いつもあなたがご機嫌で、素敵な遊び心とワクワク感と共にありますように。
小さなことにも目をくばり、心をくばり、
ひとつひとつ丁寧な仕事を心がけましょう。
楽しい企画やイベントで、みんなを笑顔に。


おうし座

小さな、美しきものに心を寄せて。
あなたが心から喜びと共にあると感じられるスペースに
しっかりと立ちましょう。
そこにいれば、いつでもどこからでも
あなたには生命力があふれ出てきます。


ふたご座

正確な仕事ぶり、おもてなしの心、
細やかさと、美しい立ち振る舞い。
あなたに芯からの美しさを教えてくれるものと
共にあるときです。
じっくりと取り組んでみましょう。


かに座

しなやかで美しいコミュニケーションを心がけてみましょう。
クリアで、繊細な表現へとシフトしてみることを意識してみましょう。
あなたの中にある、暖かさや情熱を
誰もが心地よく受け取れるような表現を
生み出すことができそうです。


しし座

不要なものは手放したり
壊れたものは修理にだしたり、
繕い物をしたり、
身体のメンテナンスをしたり。
丁寧に、丁寧に。
ひとつずつ作り直していくときです。


おとめ座

ご自身のリズムに戻っていただいて大丈夫です。
ご自身のスペースに戻っていただいて大丈夫です。
むしろそのほうが、あなた自身もうれしいでしょうし、
あなたの周囲へも、いい影響があると思います。
なんとなくこっちかなあ・・・、というあなたの気持ちに
沿って行ってください。


てんびん座

ようやく、そこに手をつけることができそうです。
これまで、なんとなくやらなければ、と思っていたのに
なかなかできなかったこと。
これまで、とうていそれができるなんて
思ってもいなかったこと。
ですが、
いまなら、できます。淡々と、やり続けてみてください。



さそり座

少し時間をかけていただいてもいいと思います。
すぐに答えが出なくても、
すぐに結果がでなくても
決して焦らないでください。
そのかわり、
数年後、あなたがどうなっていたいのかを
リアルに心に描いて
そこに向かっての動きを
日々の日課に入れていただきたいと思います。
小さいことからでも、日々の中にあると
数年後には大きく作用してくると思います。


いて座

目指すゴールが見えてきます。
そこに、リアルに移動していきましょう。
あなたがこれから、磨いていきたいこと、
習得したいこと、トレーニングしていきたいことが
見えてきます。
それは、
ずっと前から、やりたかったことだったのではないでしょうか。


やぎ座

心から学びたいと感じられることを
探究し続けること。
理解が深まっていく喜びと共にあるときです。
集中して、今、突破していくことができるときですし、
これまでのご経験がすべて、今につながり、今に生きてくるときです。


みずがめ座

信頼関係が一つずつ丁寧に深まっていきます。
そこから、もう一歩、踏み込んでいきませんか。
人と一緒に何かを作り上げていくプロセスを通じて
あなた自身ももう一皮むけていくときです。


うお座

出会う人から受け取るものがたくさんあります。
あなたが何者であるのか
あなたがどれほど素敵な存在であるのか
あなたの美しさを感じ
あなたのすばらしさを教えてくれる人たちが
今、そしてこれから
あなたとの出会いを心待ちにしています。
どんどん、出会っていきましょう。







星を読むことが、日々の中でどのように活かされるのか。

ここ数年、ずっと考えてきました。

占星術という、わかるようでよくわからないもの。
学問という側面があったり、アルケミーであったり、
マジカルなものでもあり、あるいは、占いという側面もあり。

心理学でもあり、ナチュラルアートでもあり。
象徴学でもある。

様々な側面を持つアストロロジーなのですが、
シンプルに、

星を読むことを通じて
今の自分と向き合うことができると思っています。

自分のもともと持っている質と、
シンボルを通じて共鳴することが、

日々の様々な出来事で揺らされるなかで、
自分自身を
もう一度取り戻していく手立てになるのではないかと思います。

ホロスコープが語ること。

あたるあたらない、ということではなく

その星が語り掛ける声なき声を聴き
自分自身の小さな声に耳を傾ける。

そのスペースを忘れないようにと

ホロスコープを読む機会が与えられているのではないかと
思っています。


昔の人々が、今の私たちに遺してくれた星の知恵を
受け取り、使えるような感性を磨いていきたいと思います。


いつもお読みくださり、ありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント