2016/03/09

3月9日 うお座新月(皆既日食)

こんにちは。

今日は、うお座の新月です。
日本では部分日食が見られるとのことでしたが、東京はあいにくの空模様。


占星術的には、蝕を伴う新月は、
いつもの新月よりも影響する期間が長くなります。

次回の日食、9月1日までの約半年間
今回のうお座新月の影響下にあります。

ですので、半年に一度の節目のようなタイミングですね。

新月図(蝕図@tokyo・am10:54)を見てみますと。。。

今回は、うお座10室での新月に、8室やぎ座冥王星が60度、
双子アセンダントとは90度、6室いて座土星と90度、
4室おとめ座木星&ノースノードと180度をとっています。

そうです、ゆるーく、柔軟宮のグランドクロス。
そこに、8室冥王星もジョイン♪

状況は様々に、バラエテイー豊かに変化していきます。
今は、本当に、変化のときなのだと思います。
あなたの人間関係、社会での立ち位置、
何をやりたいのか、あるいは、どのようにありたいのか、
大事にしたいことはなにか、
日々の習慣や健康のこと、
そして、家族との関係性のこと。

それらが、お互いに影響しあいながら
サポートしあいながら、
遊びながら、会話をしながら
変化を促していきます。

これまでのことから、今、そしてこれからのことへ。

これまで見てこなかったことも
ひとつひとつ、見えていきます。

それは、あなたの中の影の部分だったりもいたします。
影の部分、つまり、
あなたの内側にずっとあったにも関わらず、
あなた自身が認識してこなかった部分です。

影、というと
言葉じり的には、あまりいいイメージに聞こえませんが
いい悪いの判断も、
それこそが
「これまでのあなた」。

単に、
これまで見てこなかった質を、見てみよう。
そうしたら、あなたの中で統合が起こり
あなた自身へと変化していくよ、
ということです。

アセンダントの双子座は、インナーアルケミーのサイン。
あなたの中のふたつの相反する光と影が、
お互いに対話をはじめたとき、
さて、なにが起こっていくのか。
双子座の支配星水星は、うお座10室でMC&海王星とコンジャンクション。
その対話の行き着く先は、
あなた自身のエッセンスが社会でどのように活かされていくのか。
そんなところへと、未知の道が続いていくようです。


さて、新月が起こる10室は、うお座です。
今、うお座には4つもの天体が集合しています。
それが日食図ではそろって10室にあります。

うお座は形あるものが、形をなくしていくサインです。
形がないものって、実はとってもパワフルです。
「そこここに、それがある。」
形、つまり、
物質にも、時間にも、場所にも限定されませんから。
どこにでもいることができる。境界線がそもそも、ない。

うお座のセカイでは、
すべてがひとつに溶け合っています。
あなたもわたしも、おんなじひとつ。
人も動物も、植物も、
おんなじ仲間。ひとつ。
魂同士の、本質同士が溶け合っていて
なんの分離感もない世界です。

大きなところへ、自分をゆだねてみる。
小さなエゴに気づいて、
そんな小さなエゴをゆるして、手放していくことも、
自分自身にどんどん許して行けそうです。
そうやっていくと、
先ほども出てきた
「ほんとうの自分のエッセンス」が、
ゆるりと浮き上がってくる。
ぷかーんと、海の上に浮かび上がっているワタシ、きもちいい~

みたいなね。

そういうの、いかがでしょう。


さて、変容の星、冥王星は、変容のお部屋8室から
これまた、新月を熱烈サポートしています。
変容の星が、変容のお部屋からサポート。
むっちゃ、変容ですね。

やぎ座の雰囲気をまとっている、8室冥王星ですから、
いわゆる、「まっとうさ」「社会性を軸に考えてみたときにそれはどのように映るのか」、
という側面と、デイープに対話を重ねていくことによって、
あなたのエッセンスが抽出されていく、そんな変容です。

ぷか~、と海にゆられる前には、
そんなデイーププロセスがあるのですね。

では、木星の話へとうつります。
新月の180度対面に位置している4室おとめ座木星です。
ひとつひとつ、丁寧に、こつこつと、秩序立てて整理していく
非常に現実的な質感です。
それが、家族や、基盤を象徴する4室から新月へ影響を及ぼしています。

家族からのサポート、あるいは、
家族へのサポートが、私たちの宝物です。
あなたが世界で表現するエッセンスは、
あなたの足元から広がっていくのでしょうし、
あなたの大事なご家族の支えがあってこそ
あなたらしくいられるようです。

あたりまえといえば、あたりまえのこと。

ですが、
おとめ座は、
「あたりまえのこと」を大切にします。

4室は、家族の部屋、心の拠り所の安全地帯、地域とのつながり、大地とのつながり。
さらには、ふるさと、家系やご先祖様ごいった、ご自身のルーツにもつながっていくエリアです。
ご家族が見せてくれるテーマは、今のあなたの基盤をつくってくれた知恵の宝庫。
そこで、ご自身の根をはって、
ひとつひとつ、栄養分を消化吸収しながら
あなたらしい表現、ありかたを、
自然にまかせて育てていく日食です。

ファミリーストーリーが見せてくれるもの
ファミリーヒストリーが見せてくれるもの

日常の中に息づいている知恵は、
これからのあなたの基盤となっていくものです。

変化のときは、揺れ動きます。
揺れ動いて、混沌のなかに放り出されるような感覚や
今まで支えにしていたものが、その手から離れていってしまう心もとなさも
もしかしたらお感じになられるかもしれませんが、

それでもなお、あなたを根底から支えてくれている力や、
大きな秩序があります。

お一人お一人がご自身に目を向けて
日々、目の前で起こっていることに目を向けて
ご自身の内側の洞察をすすめていくことが
全体の大きな調整とも呼応しているようなときです。


形は変化しても、
そこにある精神と知恵は変わらずそこにある。
長きにわたり、私たちの生きる力を支えてきたものを
そして、
これから長きにわたり、
日々を支えていくもの、それに耐えうるものを知る。実践する。


そんなテーマを、日食図は投げかけているように感じられます。



いつもお読みくださり、ありがとうございます。

善き一日をお過ごしくださいませ。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント