2016/06/14

6月14日の星模様

こんにちは。

6月14日の星。

柔軟宮でのグランドクロスは、一旦、Tスクエアへと形を変えました。
何かが決まりそうで決まらない
でも、変化の時であることから逃れることはできない
というような時から、
少しだけ風穴のようなものが空いてきており、
今週は、引き続き流動的ではあるものの
多少なりとも「ゆるみ」のような、「あそび」のようなスペースが生じて
そこから次のものが生まれ出てくるような気配です。

グランドクロスの一端を担っている海王星は、本日、魚座で逆行となり、
揺れながら、何かが氷解していく動きを促します。
今まで、触れてこなかった、深い部分にある自分自身の気持ちに、
やっと触れられていくような面持です。

これも、また、プロセス。

すべては、自身のハートの中心へと向かう道のようにも感じられます。
おさまるところへと、おさまっていく動き。

びしっと答えが出るまで、
時間がかかることがありましても
それはそれでいいのだと思います。

次第に、全体像が見えてきますから
中心軸が見えてきますから。

慌てないでも、きっと大丈夫です。
じっくりとまいりましょう。

さて、昨日から、
逆行中の蠍座火星に、双子座太陽&金星と、お羊座天王星によるヨッドが形成されています。

こちらも、なかなか、渋い配置です。

触れられなかった気持ち、
動かせなかった気持ち、
素直になれなかった気持ち、
ぎゅうっと握りしめてしまったもの、
知らず知らずのうちに硬直してしまった関係性に、

まっさらな視線が注がれることによって
はっと、現状に目覚めていく配置です。
そして、小さな、それでいて、
それ以上でも以下でもない
シンプルな言葉のやりとりが
新たな関係性への生まれ変わりのプロセスを
サポートします。

対話する力と、直観によるサポートが
深層にあるものへと迫り、
浮上してくるものを明らかにします。

この星の配置は、今週半ばごろまで続きますので、
はっきりさせたいことが
次第に見えてくると思います。

来週20日は、射手座29度での満月。
そして、翌21日は夏至です。

月のリズムに乗った満月と、
太陽のリズムに乗って季節と共にある夏至が
テンポよくやってきます。

今週は、丁寧に参りたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント