2016/09/01

9月1日:乙女座金環日食

こんにちは。naomiです。

9月1日 18:02 乙女座9度にて金環日食でした。(サビアンでは10度)

日食自体は日本からは見えませんが、
前回の皆既日食(3月9日)からのテーマが、
今回の金環日食で切り替わります。
蝕を伴う新月が日食なのですが、おおよそ年に2回起こりまして、
今回の金環日食の影響は、次回の日食まで続きます。

今回の日食図では、
アセンダント魚座に海王星がコンジャンクション。
MC射手座に火星と土星が9室寄りでコンジャンクション。
新月はほぼ7室カスプ上で起こっています。

よって、
アセンダントーディセンダントを結ぶ地平線上に、
海王星と新月がノード軸を伴いながら配置され、
さらに、MCと火星・土星とそれぞれ90度をとり、
全体としてはTスクエアという形を作ります。

さらに、11室山羊座冥王星も、海王星に60度、新月に120度でサポート。

と、極めて特徴的な図になっています。

あなた、という存在は、「あなた」でありながら実は「あなた」でないのかもしれません。
今まで自分が「自分自身だ」と思っていた自分像は、
案外、あいまいなものだったのかもしれません。

自分だけではよくわからなくなってしまってもいいのです。
あなたは宇宙の素粒子と、同じなのかもしれません。
形があるようで、形がない。
境界線があるようで、境界線なんて実はないのかもしれません。

みな、同じひとつであるのかもしれません。

そんなあいまいで、繊細な存在であるあなたを
この金環日食は、
あえて外の世界へと放り出します。
ぽーんと、自我の外側へとドアを破って放り出し、
そこで敢えて、他者との出会う場を提供してくれます。

あいまいな自己にとっては、
他者との違いをはっきりと識別できる機会でもあり、
そこから新たな自身の姿が見出されるようでもあります。

実際の現場で、具体的行動によって自己が磨かれていきます。

7室、パートナーシップの部屋での日食ですので、
これまでとは違う、新しい関係性を創っていきます。
実際に、ご縁の切り替わりとなることもありますでしょうし、
これまでお付き合いしてきた方々との新たな関係性が始まっていくこともあるでしょう。

いずれにしましても、
今までの関係性は、一度手放して
もう一度出会いなおす、もしくは
人との付き合い方そのものが変化していく時なのだと思います。

迷わず、臆さず、新しい扉を開いて行きましょう。

水星は現在逆行中ですので、
後戻りするような現象や、事が前に進みにくいということも
もしかしたら感じられるかもしれませんが、
内面はずんずんと、進んでいます。
よけいなこだわりを、ひとつひとつ手放して、
すいすいと、流れをよくしていきましょう。

MC射手座と火星・土星は、
目的意識をもって、明るく前へ進むようにと背中をどんっと押してくれています。
変化することは、楽しいことだと
そこにとどまることなかれと
まだまだ地平線は遠くの方にまで果てしなく広がっていくのだと
教えてくれています。

限界はない
あなたの内側の思いこそがカギ。
今の気持ちを、ふとしたインスピレーションを、
素直に、率直に、外に出してみましょう。

あいまいなあなたは、まだ見ぬ可能性の海そのもの。
万物が生み出されるインスピレーションの根源そのもの。
そこからやってくるたったひとつのピュアな思いは
ニューバージョンのあなたが育っていく確かな種です。

その思いを、大事に育てていきましょう。
コツコツと、小さく始めて、
豊かに育てていきましょう。

丁寧に、人と出会い、
お互いの中にある美しさを繋ぎ、育てていきましょう。
もとはそれぞれひとつであったであろう存在が
いつしかたくさんの、多様な、ひとつとして同じものがない、
それぞれの本質的な美しさを持つ存在へと
分化していった豊かさを
あなた自身も、その世界の一員なのだということを
喜びと共に実感し、皆と繋がり合う金環日食です。


いつもお読みくださり、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント