2016/10/24

来年の手帳*暦のこと

こんにちは。
八田占星学研究所*naomiです。

ひんやりと冷たい空気になってきましたね。
肌にも、お腹にも、心にも
暖かくて優しく触れていくものが嬉しい季節です。

太陽もさそり座♏に入りまして、
何かこれからぐぐっと深まっていく季節です。
この一年の体験が、ご自身の内側でさらに深まるアルケミーの季節です。

そろそろ、来年の手帳が出回り始めましたね。
私は、まずはじめに、
「来年の星の動きを書き込む用」の手帳を入手するのが毎年の傾向です。
ざざーっと、星の動きを書き込みまして流れをざっとつかむ用。

実際に日常で使う手帳は、12月中旬ごろに入手しています。

なんかですね、
11月ごろから、手帳の物色を始めましても
結局12月に入ると、「これだ!」という手帳がピンとくる。

それまでに購入した手帳だと、やっぱり来年の自分にしっくりこない。

ということが、おきること多々。

ですが、仕事柄、来年の星回りをみておきたいですので、
そろそろね、星用手帳(薄っぺらいやつでOK)だけこの時期に購入します。

やはり、天文暦を眺めているだけと、
実際に手を動かして来年の星回りを書き込むのとでは
リアル感が違うのです。

12月に購入する本チャンの手帳にも、
もちろん、星の動きを書き込みます。
二度手間になりますが、これはこれで私的にはOKです。
日々のスケジュールと、星の動き、
両方見ながら暮らしたいですので!

今は、星や月の動きが記載されている手帳が豊富にありますね。
西洋占星術、東洋の占術、
旧暦のカレンダーも楽しいです。
13の月の暦も、シンクロが起こってくるのがおもしろいですねー。

いろいろ楽しんでみられるのも
いろいろな時間の流れを体験できておもしろいです。

暦の意味がわからなくても、日常で観察できることが教えてくれます。
使い続けること、意識し続けることでわかってくることもあります。
そして、時間と空間の中で、自分がどのようにイキテイルのかを
日々思い出させてくれるのが、様々な暦なのでしょう。

来年に向けての星暦の会、
今年は岡山開催からスタートとなります。

東京では、11月中旬ごろから、
今年のまとめシェア会、
来年のポイントシェアを含めた星暦会を始めます。



<現在募集中の講座、コンサルテーション>

*10月、11月個人コンサルテーション実施中→日程はこちら!

*10月28日、11月25日(2回講座)
 「惑星のことのは」現代天文学と占星術のコラボレーション講座@新宿
 お申込み締め切りは10月26日です!

*11月7・8日  Body Core@岡山にてWS&個人コンサルテーション
 詳細、お申し込みはこちら!









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント