2017/06/02

「天使は私たちをどのように見ているのか?」:トークライブへ行ってきました

「天使は私たちをどのように見ているのか?」

  先月のことですが、5月20日、ユニカクリエイティブスペースで開催されました、心理占星術家、ザビエ・ベトコート氏のトークライブに参加してきました。今回のテーマは「天使」。私たちが抱いている、優しく可愛らしい天使のイメージを払拭し、天使界の説明、天使の階層と役割について、そして、人間のことをどのように認識しているのかお話しいただきました。

  話を聞いていてまず感じましたのは、私たちは「人間である」という事実。そして、天使とは、光そのものを見せる存在であり、メッセンジャーであるということ。人間のエゴをすべて吹き飛ばし、破壊してしまうのが天使の光であり、人間はあまりの出来事に、天使を恐れるのだそう。これを聴いただけでも、今までのいわゆるかわいい天使や、美しい天使のイメージそのものが、根底からガラガラと崩れ落ちました。
  おもしろい!

  そして、天から地上の人間界まで、どのような階層になっているのかをお話しくださり、人間の存在についての理解も深まりました。私たち人間は、光の存在を忘れずに、闇の多いこの世界で、変容を重ねていくことができるのだそう。この地上は光だけでは決してないし、光の量だって、天に比べたら雲泥の差。この地上で、人間は光を増やしていくプロセスを体験し、魂を磨いていくことができる、とのお話でした。それって、希望だ。


 よし、ニンゲン、がんばろう。 変容を重ねていこう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント