2017/06/17

自分の声を聴く

こんにちは。八田占星学研究所*naomiです。

京都から戻ってから、数日間、脳内も身体も全部が沸騰しているかのようでした。
じっとストップして、何かが内側で激しく起こっている感じ。
無意識がぐいぐいと動いている感じ!

そんなとき、ラジオをつけたらいつの間にか受信状況が良くなっていて
(あれれ?)
ピーとか、ガーとか、ノイズが極力減っていて、びっくり。

調子に乗って、英語の番組のみならず、
いろいろな言語のニュースを聞きまくり。

そのうち、ふと流れてきたのが
「オーセンティックヴォイス」についてのレクチャー。

「本物の自分の声」ということなんだそうです、これ。

声には、今の自分の心身の状態や、これまでの生き方、今の生き方すべてがある。

とういことなのだそうです。

自分の声を聴くと、今の自分が見える。

そして、

自分の声を録音して、聞いたとき「いやだな」と感じるのは
それが偽りの声だと自分でわかるから、なのだそうです。

仮面を被った自分がそこにいる。それは、聞いている自分が一番よく知っている。
それで、「いやだ」と、感じるのだそう。

そんな偽りの自分をやり続けていると、
その声を聴き続けている自分の細胞は、一体どうなるんでしょうね。

だから、「オーセンティックヴォイス」を自分で探してみて下さい。
そのための方法は、とっても簡単なんですよ。


という話でした。

ちょうど、先日、ある会話の録音を聴いていたときに、
自分の話し方に違和感があった、なんでだろう、と思っていたので
なんてタイムリー。

それで、「オーセンティックヴォイス」の探し方を、実験し始めました。

とっても簡単なのです。

自分の声を録音して、録音したものを聴く。
聞いていて、これは好きだ、という部分を探す。
その声を出していたときの自分の状態、(心身、呼吸、姿勢など)を思い出す。
いい状態の声を思い出して、また録音する。
そして、録音したものを聴く。
それをひたすら、続けていきます。


毎日続けていますと、いろいろなことに気づきます。
自分でしっくりくる声に出会う時もあれば、
すごく嫌な感じの時もあります。

話し方もさることながら、発する音、なんですね。


標準語で、大阪弁で、英語で、

いろいろな言語でも録音して聞いてみています。

というのも、
標準語と大阪弁と、どちらも日常で使うのですが、
言語と精神状態と身体と、リズムと、
自分の中でどのような影響があるのか
未だに謎、そしてその謎がどうにも気持ち悪いからです。

標準語のときは、間違えないように、頭で考えながらしゃべっているのが、きいているとよくわかったり、
大阪弁のときは、リズムがよくって楽しそうだ、というのも、きいているとよくわかりました。

そのうち、
どちらも混ざってきて、訳が分からず混乱しているときもありました。
普段は、混乱しないのです。意識的にすごく気を付けているのかも。
自分の中での制限。ここでは大阪弁は話さないぞ、みたいなね。

これ、英語の音読の練習にもなるので、実は一石二鳥です。
発音、イントネーション、リズムがどうなっているのかも、
まるわかりです。


自分の声がどういう姿をしているのか、
これって、
自分はどういう姿をしているのか、そのもの。
聞き始めはどきどきしますが、
やりだすと、おもしろいです。

いろいろなトーン、スピード、呼吸、話す内容など
試してみています。

自分の声を聴く。
声に現れ出ている自分と出会う。
まんまでます。気持ちいいほどに。

まだまだ、自分のことって、知らないこともたくさんありますね!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント