2017/07/13

占星術用語って難しい?

こんにちは。naomiです。

占星術って難しい。よくわからない。

と、時々言われます。

何がわからないですか?

と、お聞きしてみますと、いろいろな「わからない」が出てきます。

例えば、

「用語が難しい」ことによる、「わからない」。


そうですね。たしかに!

なんだかよくわからない用語が次から次へと出てきて
何を言っているのかも分からず
なにがわからないのかすらわからなくなっていきます。

なんでも一緒かもしれないなあ、と思うのですが
その分野ですとか、その業界独特の用語や言い回し、考え方があります。
占星術もしかりです。


アセンダント
ディセンダント
アングル
MC
IC
なんだそりゃ?

コンジャンクション
角度がどうのこうの

なんじゃそりゃ?

さらに、

このサインは活動宮だからどうのこうの。
支配星の金星がこのハウスに入っていて、それが土星と120度をとって云々カンヌン・・・。


日常会話では使わない用語がいっぱい出てきます。


日常で使わない用語なので一見とっつきにくいと思えますが
いったんとっついてみますと、案外、
思ったほど難しくないかもしれません。

ただ、初めて聞く言葉や言い回しをたくさん耳にされると思いますので、
あせらずに、
わからなくても、わからないままにしておくぐらいの気持ちで
少しずつ自分でもその用語を口に出して言う練習をしてみてください。
だんだんと、言葉にも慣れてきます。

なんか、英語の音読とか、会話の練習とも似ています。

口の筋肉を動かして、なんでしたら身体も使って
意味をイメージしながら
言葉を自分のものにしていくの、オススメです。


ちなみに、以前通ってくださっていた生徒さんお気に入りの占星術用語は、「合」でした。

「合」と書いて、「ゴウ」と読みます。

別名、「コンジャンクション」。アスペクトといって天体同士がある特定の意味ある角度を持った配置になたっときの
エネルギーを表していて、数種類あるアスペクトの中でも「合」は、二つ以上の天体が同じ度数(位値)にあるとき起こります。

例えば、金星と太陽が「合」の場合は、
金星と太陽が一緒に働きます。(表現されます)

太陽(自分自身)が、
金星(美しさ、楽しさ、ハーモニー)と共にある表現となります。

「太陽と金星が合の人は、・・・・・・・・」という文章になります。

ただ、ゴウ!って言いたいだけでしょ~♪♪♪
ちょっとリズムとキレがいい用語でしたから。
なんて、そんなところからでも、いいんです。

それで、占星術の用語は、ひとつひとつに意味がありますので
意味の理解と一緒に、実際に口に出して言ってみることで
だんだんと馴染んできますよ~。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント