FC2ブログ
2017/07/18

自分の好きな香りを選ぼう

こんにちは。

アロマセラピーといいますと、
女子っぽいイメージがあるでしょうか?

いえいえ。
そんなことはありません。

アロマというくくりなのか、
香り、というくくりなのか、

どちらでも私はいいと思うのですが

天然のものから抽出した香りは、

女子たちだけではなく、男子のものでもあります。


うちのダンナは、
ときどき、思い立ったようにお香を焚いています。

「なんで?」と、聞いても、特に答えは返ってきませんが
香りの作る空間が必要なのでしょう。
好きな香りを、好きなときに焚いています。


先日、プライベートで古い友人ご夫婦が遊びに来てくださりまして

ダンナ様の方から
「いい香りのことが知りたい。」というざっくりとしたリクエストをいただきました。

私がアロマセラピーのことをやっていることはご存知でしたので、

「じゃあ、いい香りを香ってみます?」

と、
エッセンシャルオイルの香りを心ゆくまで香っていただきました。

うちにある精油を、おもむろに、みーんなテーブルに並べまして

「嗅いでみていいですか?」と、おっしゃられましたので
「どうぞどうぞ!」


20種類以上もの香りを、順番にひとつひとつ手にとっては
静かに香っておられました。


特に私からは、
「これは、どういう精油で。」とかいう説明もせず、
「これがいいですよ!」と、特におすすめもせず

ただただ、
「ご自身で」香りを楽しんでいただく時間。


何も話さない静かな時間。

やがて、5種類ぐらい、好きな香りを選ばれて
(それも、ご自身でどんどん自由に。)

ムエットにたらしたり、アロマストーンにたらしたり、
その香り方の違いもご体験いただき。

お持ち帰り用に、香りのアロマミストをお作りいただきました。


ふと見ていますと、
その方ご自身のおられる場が、
とても居心地のいい、嬉しいスペースになっていて
ご本人様もとっても嬉しそうでした。

周りの誰も介入せず、邪魔をせず
ご自身の香りとの対話の時間をただ観ていると
シンプルながらも、いい感じのことが起こっていきます。

「自分で香りを選ぶことができるんですね。」って。

そうそう。そうなんですよ!
人間の感性って、自分にとっていいものを選ぶ力が、ちゃんと備わっています。
自分にぴったりの香りを、ご自身の嗅覚を信頼して選ぶことができるんです。
こういうとき、私は人間の中にある豊かさや美しさを感じます。

「天然の香りって、いいですね♪」って。

日常の中に、天然のものがあると、ほっとしますね。
私も天然の香りが大好きです。


うちのサロンは、女性専門ですので
現状、なかなか男性の方々にシェアさせていただく機会がもてていないのですが、
今後、そんな機会もできてきますとおもしろいなあと思っています。

あー、楽しかった(^^♪




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント