2017/10/05

10月6日牡羊座満月

こんにちは。

10月6日 am3:39 牡羊座12度(サビアン13度)にて満月です。

今回の満月図では、満月は8室で起こっています。
対する太陽は2室天秤座で水星とコンジャンクションしています。
この太陽&水星と月は、双子座のMCとアスペクトをとり、
さらに、4室山羊座冥王星とTスクエアを形成しています。

根っこの部分からの調整が徹底的に行われていく満月のようです。
私達がどこから来たのか?家族のテーマ、家系のテーマ、無意識の奥底からの感情レベルで、
ずっとそこにあったものが解放され、再生への徹底的な調整が行われています。

4室にある冥王星と土星は、今あなたが属している場所、スペースを、元に戻していくようにと促しています。
スペースクリアリング、あるいは、スペースを新たに再生させていくことも起こっているようです。

4室の土星も、冥王星も、乙女座アセンダント&金星火星のコンジャンクションとアスペクトをとっていますので、
今起こっていること、スペースに関する手放しや動き、家族に関する出来事などは、
現実的には大変なこともあるのでしょうが、今だからそのように、起こるべくして起こっているとも言えます。
今だから、徹底的に、一度洗いざらい手放して、そもそものエネルギーが軽やかに立ち上がっていくように、
再生への道のりを歩き始めています。

この先どうなっていくのかは、まだ未知数ではないかと思いますが、
可能性の扉をフルにオープンさせて、
新しい創造のためにまずは、空っぽのクリアなスペースを作りましょう。
魂も身体も自由に動ける空っぽのスペースを創り、整え、
そこで何がアルケミーしていくのかをただただ見守っていきましょう。

太陽は水星と共に2室天秤座に。
同じく2室には木星もあり、木星は天王星とオポジションの位置にあります。
あなたに内在しているもの、価値観、持ち物、スキル、専門知識など、
もう一度、よくよく客観視して、あなたに何が提供できる可能性が現実的にあるのか、
明らかにしておきましょう。
誰が見ても、「そうだよね!」とわかるような、クリアーさで、
いつでもあなたの持ち物を、バランスよく使えるように、
まずはご自身でよくよく把握しておきましょう。
そこから、変容の扉が、ふいに開いていくことでしょう。

木星は天秤座の最終度数へと向かっています。10月10日には、蠍座へと移動していきます。
あなたの中で、バランスの悪さを感じている部分がもしもあったとしたら、
今は、その最終調整期間でもあるのでしょう。
木星は12室獅子座ドラゴンヘッドともアスペクトを取っています。
あなた自身のハートからの情熱、純粋な創造性を感じる時間をご自身のために創ってあげましょう。
自分自身の創造性を中心に置いて、そこから、内なるバランスの調整をはかってみて下さい。

アセンダント、金星、火星は、乙女座でコンジャンクションしています。
4室射手座土星、山羊座冥王星、6室魚座海王星、双子座MCとアスペクトをとっています。
ラディカルに手放し、ダイナミックかつ細やかに、再調整が図られていきます。
自己イメージも、日々のライフスタイルも、心身の健康への配慮も、みな、
ひとつひとつ、隅々まで意識をもって、ご自身でチョイス、あるいはケアしていきます。

乙女座も、射手座も、山羊座も、魚座も、単なる知識や情報によって動かされるサインではありません。
直観で受け取り、実際に試してみて、日常に落とし込んで、継続していくことで、
何かを掴み取っていきます。そして、現実的な目と、本質的な洞察力の両方をバランスよく使っていきます。

MCの双子座は、インナーアルケミーのサインです。
今回、おもしろいなと思いますのは、
太陽と月がオポジションでつながり、
と同時に、
火星と金星がコンジャンクションでつながっています。

太陽と火星は男性性、月と金星は女性性を象徴しますから、
ご自身の内側で、
男性性と女性性が出会い、アルケミーが起こり得るという配置です。

他者とのパートナーシップのテーマ、の前に、
まずは、自分自身の内なるパートナーシップから。
インナーマリッジが行われることで、
新たな再生の道へと進んでいく満月です。

あなたの顕在化されている意識、潜在的な意識、家系的なもの、
どこまで繋がっているのか、測り知れませんけれども、
今、目の前で起こっていることは全て繋がっているのだと思います。
あなた自身の内なるパートナーシップが円満で、心地よく、お互いに助け合って、
新たなものを生み出す力となりますように。
新たな対話が生まれてきますように。

そして、直観で、ここだ!というところに、飛び込んでいけますように。
再生への道のりが、進んでいきますように!

いつもお読みいただき、ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント