FC2ブログ
2017/10/13

不思議の国のアリス

こんにちは。naomiです。

9月末、心理占星術家ザビエ・ベトコートによる2日間のワークショップに参加してきました。

詳細はこちら、主催のGIRASOLさんのサイトからどうぞ!→☆



今回のテーマは、
不思議の国のアリス、鏡の国のアリス、著者ルイス・キャロルを題材に、
プエラ(永遠の少女)への考察、そして、
創造性をもって人生を楽しむことへの洞察を、
ザビエ独自のするどく深みのある視点で、私たちに分かち合ってくださいました。

重厚なんだけど、なんともいえない軽やかさと遊び心がたっぷり詰まったワークショップでした。

それで、改めて、「不思議の国のアリス」の原書と訳本を読み始めています。

ワークショップの中でザビエが伝えてくれたことのひとつに、

この物語は、「自分の頭で考えること」の大切さを、子供たちに伝えたいという、力強いメッセージがある!

ということがありました。その時代だとか、社会的常識だとか、文化的な価値観だとか、いわゆる「ルール」の中でがんじがらめになるのではなく、「ルール」を知り、意識的にそこにいることや、「ルール」の中でどのように自分の創造性を表現するか、遊ぶのか!という、力強いメッセージは、今の時代に生きる子供達や、私達大人にとっても、インパクトがあります。

著者であるルイス・キャロルのホロスコープでは、太陽が水瓶座で天王星とコンジャンクション。なんてアクエリアンな人!
そして、月は射手座、アセンダントも射手座。まさに、ワンダーランドへと自ら飛び込んでいく冒険心を持っています。

アリスは、ワンダーランドで出会うおかしなキャラクターや、へんてこな状況に、つどつど対処し、自分のカラダと頭を使って
様々な経験をしていきます。誰に教わるわけでもなく、そのときそのときを精一杯乗り越えていきます。

世の中には、様々な制限があるかもしれないけれど、小さな少女の中には、これっぽっちも制限なんてない。
あるのは、ただ、目の前のことに向き合う好奇心と冒険心。

アリスの物語を、シンボル的に読み解いて、私たちの糧にする。

そして、私たちの中にいるプエラちゃんが、のびのびと創造性を発揮していけるようにと、
さらにさらに、自分の内側へ、探究の旅を続けていきます。

ザビエのワークショップ、今年もとっても楽しみました!

ありがとうございました(*^-^*)


個人セッションもとてもオススメです!






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント