FC2ブログ
2018/02/01

1月31日 獅子座皆既月食

こんにちは。

1月31日は、日本でも皆既月食が観測できました。
東京の夜空、ばっちり欠けていく月が見えました。
(見ているだけで、ドキドキしてきましたので、早々に家の中に入りましたけれど!)

占星術では獅子座での皆既月食でした。
昨年8月22日の獅子座の日食から半年のテーマが結実したタイミングです。
蝕図@東京では、
アセンダントは天秤座、支配星の金星は4室みずがめ座太陽とコンジャンクション、月とオポジションの配置で強調されており、
4室のテーマ、家族、コミュニティ、心の安らぐスペースなど、足元の基盤を新しく変化させていくタイミングにもなっております。
水瓶座の、友愛、博愛に基づいた道の上に、私たちの目指す光、つまり今回の獅子座のテーマである、自分の人生をめいいっぱい生きる、その輝きを信じていく自発的な動きがあります。

同じく4室には、山羊座の水星と、なによりも今回のIC(4室の始まりのポイント)には、山羊座の冥王星がどっかりと鎮座しており、
古いしがらみや、これまでの慣習、おきまりのパターンから抜け出し、
基盤を再生させていく力強いパワーが動き出しています。

2室蠍座木星、射手座火星からの、奥深いところから変容していきたい、そして自由であり続けたいと願う私たちのニーズが、
山羊座冥王星へとエネルギーを動かしていきます。すでに内に持っている生命力が、動き始めます。
頭ではなく、身体が、無意識の力が、あなたを生かしてくれている力を信頼し、
生きる力を発動させましょう。実行、実践することで、力強く再生していきます。

3室には、山羊座の土星がおり、
しかるべき人との、しかるべき対話がなされ、しかるべき情報が受け渡されます。
責任ある言動が、これからのあなたの行動に直結します。

7室には牡羊座の天王星が、冥王星と蟹座MCを繋ぎます。
なじみのないもの、新鮮な発想、斬新なアイデアなど、
これまでだったら選択しなかったことにも、目を向けていきましょう。
そして、新しい場で新しく出会う人たちとのフレッシュな関わりが、
ダイレクトにご自身の軸をリニューアルしていきます。

MC蟹座は、暖かい気持ちへ至る道。
家族のような親身であたたかい関係性、もしくは
優しいスペース、優しい時間を持つことへ。
あなたの中の母なるクオリティ、守り育てる優しい力強い暖かさを、
表現していきましょう。

獅子座11度の皆既月食は、10室で起こります。
愛に基づいた場所から、喜びの道を正々堂々と、あなたの光を生きる月食です。

あなたの居場所に着地し、そこから道が始まります。


ご自身のネイタルチャートをお持ちの方は、
獅子座11度が、ネイタルチャートのどのハウスで起こるのか、
是非、チェックしてみて下さいね。

ご自身にとっての、今回の月食のテーマが見えてきます。


いつもありがとうございます(^^♪
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント