2018/03/09

口腔内と牡牛座と

こんにちは。

あたたかくなったり、寒さが戻ったりと
身体も思わず緩んだと思ったら、寒さにきゅっと引き締まったりと、
春に向かっての胎動が始まっているかのような毎日。
皆様、お元気でお過ごしのことと思います。

年が明けてからというもの、
かねてからの懸念事項でもありました「親知らず」がまたまた腫れあがり、
今回ばかりは観念して歯医者さんに通い始めました。
歯は体の土台とも言うようですね。
土台からしっかりと作り直しの時期に来ているようです。

歯医者さんに通うようになりましてから、
口腔内ケア、口腔内環境を整える
ということに自然と意識が向き始めました。
なんでこれまで、治療されるがまま、受け身の姿勢だったんだろうかと。
普段のケアでできることってあるよね、
なんて思っていましたら
そのような本に目が行ったり、
たまたまテレビを見ていたらそのような情報が飛び込んできたり。

おもしろいものです。

ちなみに、先日は、これも口腔内といえるのかな、
法事に出席しましたら、
そこで出てきたお料理のウナギの小骨がのどを傷つけて
ちょっと違和感が続いていたので
耳鼻科に行ってきました。

耳鼻科、すごいですね。
のどの状態を、写真で撮って、画像で確認します。
骨は刺さっていなかったのでほっとしました。
ただ、傷が治りにくい状態になっているそうで、
これまた口腔内の環境をよくするための注意事項をいただいて帰ってきました。

歯、口、のどはいずれも、牡牛座の管轄内。

私の牡牛座には土星がおります!

この流れも、トランジット土星が山羊座に、しかもネイタル10室に入ってからのことです。
10室にトランジット土星が入りますと、その分だけ土台の強さが問われるのですね。
軸の立て直し、土台の調整。
そして、自分自身の土星(牡牛座、2室)も活性化しているようです。

牡牛座、2室。自分のニーズを大切にして生きること。

ここに、注力しています。

さらに、牡牛座ですよ。
今年はいよいよ5月、天王星が牡牛座入りします。

2011年3月から牡羊座入りした天王星が、
牡羊座のテーマを終えて、牡牛座に入ります。

たまたま、なんでしょうけれど、
牡牛座の管轄である、歯・口・のどをずっと調整しています。
鼻洗浄の日課と、ヘッド&フェイシャルマッサージでのセルフケアも年末から続けていました。
(牡羊座から牡牛座への管轄ですね。)
まあ、たまたまなんでしょうけれど、おもしろいですね。

これが、たまたまなのか、何か大事な体からのお知らせだったのかは、
5月、天王星が牡牛座に入ってきたら何かわかるかも、しれません(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント