FC2ブログ
2019/07/03

7月3日 蟹座日蝕

こんにちは。NAOMIです。

今日、7月3日は、蟹座の新月です。(am4:15@東京)
今回の新月は、蝕を伴う新月で、日蝕です。
日本からは見えませんが、南米、チリやアルゼンチンで見えるとのこと。

占星術的には、日蝕は、
次の蝕までのおおよそ半年タームのテーマを象徴しています。
新たに開く、手放す、刷新する、始まる。受けとるときです。
次回の蝕は、12月26日 山羊座4度(ザビアン5度)の金環日食ですから、
今年のクリスマスまで、今回の日蝕の影響は続きます。

日蝕図(@東京)では、とてもシンプルな天体の配置です。
アセンダント蟹座に、太陽、月、ドラゴンヘッドも蟹座。
蟹座色が強い日蝕、そして1ハウスの太陽&月。
そして、11室おうし座天王星からのセキスタイル。

2室あたまにあるドラゴンヘッドは、7室やぎ座冥王星、土星とオポジッション、
魚座MC&海王星とセクスタイルです。

次のミッションが開かれていきます。
それは、突然やってくる感があるようにも見えますが
実は、ゆっくり、少しずつ、着実に、
あなた自身の感覚や、肉体を通じて育ってきたものがベースとなっています。
ご自身の肉体や感覚というのは、、他者のそれとは違う体験をします。
ですから、あなた独自のものがすでにそこにあり、
あなた独自の体験から育ちあがってきたものがあります。
オリジナルって、つまりは、そういうことなのかもしれません。

あなたのミッションを、
ハートから
体現していきましょう。

蟹座は、ハートのスペースでクリエイトするクオリティを持ちます。
1室蟹座の日蝕は、そのクオリティを、自分自身のために使います。
これまで、他者(7室)を通じて行っていたことを、
自分自身に向けていきます。
それが、他者のためにもなっていきます。
私達が、これまで、誰かのために育んできたものを、
自分自身のために育んでいきます。

これから、あなたが
自分のためにやさしくあること
あなたが
自分のためにしてあげられることは、なんでしょう?

小さなことから、
身近なところから、
あなたの周りから
あなた自身から
始めましょう。

2室には、獅子座火星&水星のコンジャンクションがあり、ここに天王星からのスクエアが効いています。
今こそ、あなただけの一点ものを見出すとき。
あなたが持っている、唯一無二の質に
しっかりと向き合い、自分で見出し、受け取ること。
そのサポートに、友人や仲間が一役買ってくれます。
どう見ても、それがあなただし、
それって、あなただけの持ち味だし、
誰も真似できないよ、という表現があります。
あなた自身が、あなただけの一点もの。
ちょうど、水星も逆行前ですから
色々、見直しや、やり直し、再開といったタイミングにもなりますね。

MCの魚座には海王星がぴったりコンジャンクションし、ノード軸を調停するとともに、
6室射手座木星とスクエアをとっています。
理想に向かって、制限を外していくこと。
妥協、あきらめは、ナッシングです。
あなたが本当に目指していること、
たいせつにしたいこと、
シェアしたいこと、
伝えたい事

ご自身との対話を通じて
そこへと向かって行きましょう。

精神の自由と、肉体の声。
その両方との対話を
日常の中の小さな時間に、
瞬間瞬間に、なされていきますよう。

12室双子座金星は、あなたの魂のガイドです。
あなたの中の、
男性性と女性性の対話をサポートしています。
大事なこと、お互いに話していますか?
どちらかが我慢などしないで、対話を試みてくださいね。
男性性と女性性、
どちらも、あなたの中にいらっしゃいます。

インナーパートナーシップは、7室冥王星&土星にも投影されますね。
ここは他者からどう思われようと、
他者に対しても、ご自身のハートの声からの対話を
ゆっくりと、優しく試みてみましょう。
わたしたちの、成長と共に、他者とのパートナシップも変化していきます。


蟹座は、ハートからの流動エネルギー。
躍動感もありますし、力強さ、暖かさ、やさしさがあります。
そして、守る力、生み出す力、育む力があります。
家族への愛、地域への愛、
私達が暮らしているここ、この世界に
あたたかさと優しさが、いつも流れていますように。

まずは、自分自身から。自分のために、愛をはぐくむ日蝕です。


ご自身のホロスコープをお持ちの方は、
今回の日蝕が起こる「蟹座10度」が、どのハウスで起こるのかチェックしてみてください。
そのハウスが象徴するテーマにおいて、手放しと刷新が起こります。
また、蟹座10度近辺に、ネイタル天体をお持ちの方は、
特に、その天体が新たに生まれ変わるでしょう。。

いつも、お読みくださり、どうもありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント