FC2ブログ
2021/03/19

春分2021.3.20に寄せて

3月20日春分図に寄せて


春分図では、
6ハウス、牡羊座0度の太陽です。
同じく6ハウスには、
牡羊座カイロンと、魚座海王星、金星が入っており、
4ハウス山羊座冥王星と60度のアスペクトを作っています。

6ハウスは、健康と労働、奉仕、日々の習慣という領域を司っています。
肉体と精神の調整、内側と外側の調整をはかります。
春分から始まる1年は、健康であるために自分をどのようにケアしたら良いのか、
また、自分自身のためにどのようなことを日々習慣として意識すれば良いのか
ということに、
焦点があたりそうですね。

健康観って、人それぞれです。
みな、生きてきたプロセスも、今おられる環境も違えば、
体質や心理的な要素も個々で全く違ってきます。
ですから、おひとりおひとり、
何が健康のために必要なのかは、違うのがあたりまえ。
自分にとってそれが必要かどうか、良いかどうかは皆違います。
ですから、まずは自分の健康には自分で責任を持つことから、なのでしょう。

日々の中で、体の様子、心の有り様を繊細に観察しながら、
体や心と対話を重ねていくといいのでは、と思います。

衣食住、全て、健康と密接な関係があります。
日々の習慣がその土台となっています。
食べるもの、身につけるもの、肌に触れるもの、住んでいるところ、家の中の環境、家の外の環境、
すべてにおいて、なにをご自身でチョイスしていくか、ということなのでしょう。
あなたの意識がとても大切です。

そして、4ハウス冥王星とアスペクトをとる、6ハウス魚座海王星と金星です。
これは、日々の中で、これまでの思考パターンや生活パターンを解いて、
より良いものへと移行させていくことが、
根底から本質的に行われていくことを示しています。
ご自身に愛を注ぐということです。
ご自身に、美しいもの、生命力のあるものを与えてあげるということですし、
愛と美をご自身の中に育てていくことで、生命力そのものを生き生きとさせていきます。

自分のケアのために、日常の習慣を変えていく、というニーズは、
おそらくは、自分自身の最も深い無意識の領域からきています。
あるいは、この時代を生きることを選んで生まれてきた私たちの集合無意識や、時代性からきているのかもしれません。
(冥王星は根底にある意志であり、時代性を示し、私たちが生きていくために進化変容し続けることを象徴します。)
気がついたら、そのようになっていたり、そのようなことが差し出されていたり、それを選ばざるをえなかったり、
といった具合に、心地よく、生き生きと自分らしく生きるための、健康への足掛かりを、ひとつひとつ掴んでいきます。
あなたにとって、ほんとうに大切なことを、ひとつひとつ掴んでいきます。

習慣を変える、ということは、日々の中で意識し続けていくわけですが、
ほんの些細な、取るに足らないことですら、
(むしろ、小さなことに気づき、変化させるほうが難しいのですが)
習慣化されてしまったことに気づき、変えていくことで、
内側からの根本的な大きな変化が現実化していきます。

そのために必要な対話の場や、様々な視点を学ぶ機会は、
ダイナックに用意されます。
今回の春分図で特徴的な、風のグランドトラインに、火が加わったカイトのアスペクトは、
正しさだけが正義ではないこと、
さまざまな考えや価値観に柔軟に触れること、
楽しさ遊び心、笑いを忘れないこと、を
サポートしています。
やり方はさまざまに、いろいろなアプローチで。
多面的に見る視座がサポートされています。

必要な調整を施すために、
表面的なことにとどまらず、
仕組みやシステムそのものを包括的に理解し、
構造から組み直したり、
いちから作り上げていきます。
常に、そこにあるエッセンス、中心や源にある最も大切なことに
何度も立ち返り、そこから
形にしていくことに、トライし続けていきましょう。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント