2012/11/14

11月14日*さそり座21度で皆既食(その1)

今年最後の皆既食はさそり座21度(サビアンでは22度)にて、
am7:07@TOKYOでの日食図を出してみました。


蝕を伴う新月(=日食)は、大体年に2回起こります。
今年は5月21日(ふたご座0度)と、11月14日(さそり座21度)。
そして、蝕を伴う満月(=月食)も大体年に2回で、
今年は、6月4日(いて座14度)と、11月28日(ふたご座6度)。

日食は古いものが壊れて、刷新するタイミング。
月食は新しいものが満ちるタイミング。

だとしますと、

今年は特に、
ふたご座祭りだ~♪いて座祭りだ~♪

特に、ふたご座には6月12日から木星も入っておりますので、
さらにふたご座祭りが助長されている・・・。

いて座はふたご座のちょうど真向かいに位置しますので
双子ー射手ラインが
2012年は、がしがしと、ニューになっていっておりますね。

ふたご座は、
私たちの中にある、2つのもの、両極のものを扱います。

ですので、
いいも、悪いもない。単なる見る視点の違い。
両方ある、ってわかるから、
自分自身が自由になれることがある。

片方しか見ないようにしていたり、
片方だけを良し、としていますと、
見ないようにしていたものからの
強烈アプローチを受けることとなります。
「俺のこと無視するなー!俺もあんたの中の一部なんだー!」
ってな風に。

その「俺様」の声を無視していますと、
なんだかとっても自分自身が苦しく苦しくなってくるわけです。

だから、
「ふたご座」の質は、
両極を軽やかに行き来することで
自分自身を統合していくわけです。

はたから見ますと、
「言ってることがバラバラやーん!」
と、ばらんばらんのパズルのピースのような思考回路かもしれんのですが、
全体としての「わたし」があり、
センターを意識している「わたし」がいるならば
かえって、コアなものが見えてきて
しかも、
自由自在に、いろいろな場、いろいろな人の間、いろいろな次元を
行き来することもできちゃいますね。

玉虫色の私、いろいろな側面の私を
刻一刻とめぐる時の流れ、世相の流れと共に
楽しむわけであります。


変化する、めくるめくふたご座の質。

変化する思考パターン
一見、矛盾するような言動を
一括管理しながら、さらに変化していくことを許す、みたいなね。
大変、高度な質でございますよ。

でもって、

ふたご座は、思考とも関係しています。
言葉、とも関係しています。
思考を言葉で表現して、それを媒体にしてコミュニケーションするわけです。

そこんとこの刷新が2012年やってきたことでもある。

ですんで、

変化の年~、といっても
いったい、何が変化するねーん!?

っていうオチが、

実は、自分の頭の中の思考とか
日々、日常的に使っている言葉が
変化するってことでした

なんてこともあるわけですね。

状況やら、人間関係やら、
変化させていきたいものがたくさんあれど、

まずは、自分自身の思考パターンそのものを
チェンジングしましょー
ってことです。

「自分の中の常識」と思っていたことは
「形骸化した思考の枠組み」でした

ってこともあるわけです。

そやつとどれだけ向き合って
今の自分の真実に、バージョンアップさせていけるか。

というところに
がっつりと差し掛かっている。

「条件付けの解除」って言葉もありますね。


さあ、変容だね、さそり座の蝕が来たー!

ってなわけで、(その2)へ続く・・・。
(次は、ちゃんと食図にアプローチします。)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そうなの、そうなの。今、変容なの。

そうなの、そうなの。今、変容なの。四角い固い頭のの蟹さんが、頭をクラゲを真似てゆるめるみたいな(笑)やっぱ、占星術、はっちゃんお見事な★読みです♪ありがとう。

Re: そうなの、そうなの。今、変容なの。

ひいろちゃん、コメントありがとうございます。クラゲちゃんの姿を想像したらとってもプリテイ(笑)変容後が楽しみです☆

ごめんよ、コメントフェイスブックと被って(TT)
ボディコアブログでもはっちゃんの新月のメッセージ紹介させて頂きました★

ありがとうございます☆

いえいえ、とんでもないです。コメントしてくれて、どうもありがとうございます!
ブログでも、ご紹介くださり、ありがとう。また、岡山行きたいなあ~☆

絶対きて!占星術に興味がある方が結構でてきてる~。インド占星術をされている方ともご縁ができそうだよ~。インド占星術、はっちゃん知ってる??

Re: タイトルなし

ほんとうに~?ご興味をお持ちの方とお会いしたいです~。行きますよ~。インド占星術は、ずっと気になりながら、良いタイミングでご縁がつながるのを楽しみにしているところです。